それが、どんな原材料から作られているか。「知ること」からはじまる安心・安全。

原材料の把握を徹底します

商品の「安心・安全」を語る上で、最も大切で基本的なことが「原材料を把握する」ということ。ベネッセコーポレーションでは、企画時と実物製作時の2段階で、素材・原材料の調査を行なっています。「何でできているかわからない」という部分がなくなるまで、調査の徹底につとめています。

書類審査で企画段階から原材料をチェック

ベネッセコーポレーションでは「原材料を把握する」ということを「安心・安全」の基礎と位置づけています。そのため、企画の段階から原材料を意識して設計。企画完成後には専門部署である商品安全審査センターで「書類審査」を行ない、企画の内容を綿密にチェックします。

この審査でチェックするのは、商品に使われる「布」「紙」「プラスチック」などの部品が、どのような素材で作られているか、どのような「染料」「塗料」「インク」で色づけされているか、人体に影響がないかどうかという点を、安全性の資料を元に、法令を上回る自社の基準で調べ上げます。

原材料がわからない時は、製造担当者と連絡を取り合い、確認します。「審査」は長期間におよぶ場合もありますが、この審査を通らなければ、商品が製品化されることはありません。
書類審査の安全性の資料は、厚さ数センチになることも。 ここから徹底的に危険因子を取り除いていく。
 

試作品で確認する安全性

原材料の審査は、試作品ができた後にも行ないます。それが「物性・構造審査」と「分析審査」。試作品の原材料に人体に影響のある物質が使われていないか、専用機器を使ってチェックします。

また、強度に問題がありそうな時や、少しでもケガのおそれがある場合は、この段階で設計や素材を見直します。
物性・構造審査、分析審査では、商品だけでなく、
それを包む袋の素材までもをチェック。
企画から審査、発送までの流れ
 

楽しく遊べて、学べて、かつ安全なものを

『安心・安全』に配慮することはもちろんですが『長く楽しめるものを』『知的好奇心を刺激できるものを』という視点も、ベネッセコーポレーションからお届けするものには欠かせない要素です。

安心で安全なものっていうのは、人が使う製品である以上、当たり前のことなんですよね。その上で、どうやって『知的好奇心の成長』を後押しできる楽しい物に仕上げていくか。それが課題なんです。

お子さまにこそ『子どもだまし』は通じません。お子さまが目を輝かせて遊んでくれるかどうかは、自分たちが本物を作れるかどうか、細部までこだわって作れるかどうかにかかっているんです。見た目も耐久性も安全性も、全て満たさなければいけない。だから改善点は徹底的に見直して、修正します。せっかく作るなら、お子さまが本当に喜んでもらえるようなものを作りたいですから。それがハードルでもあり、やりがいでもあります。

安全で楽しく遊べて、学べる。それらの両立を企画者は目指しています。
 

リスクは芽のうちに

企画担当者と製造各社で作られた安全性の資料は、すぐに商品安全審査センターに届けられ『書類審査』に進みます。『書類審査』では、専門の知識と経験を持つスタッフが、金型・図面などの設計、部材一覧とその素材、原材料などが記された安全性の資料や写真、試作品を確認しつつ、制限されている素材や有害な材料が使われてないかどうかをチェックしていきます。

ベネッセコーポレーションでは、どんな商品でもお子さまの目線と同じ高さに安全基準を置いているので、大人の方向けの商品でも、厳しい基準を設けています。ですから、この部署に配属された当時は、その安全基準の高さに戸惑いを覚えました。でも、今ではお子さまの安全を守るために当然と理解して、仕事に取り組んでいます。

書類審査は、商品を作る前に行う最初の審査。私たちがリスクを芽のうちに摘み取れば、それだけ安全な商品が作られるんです。そう考えると、安全基準は高くて当たり前。日本語だけでなく、英語や中国語などで書かれていることもあるぶ厚い安全性の資料や設計書を、1ページずつチェックしていくことは時間もかかりますが、お客さまがお使いいただくシーンを想像すると、絶対に妥協はできません。
↑ページの先頭へ