サイクル

「授業を受けた=力がついた」とは限らない。では、どうやって実力UPを実感すればいいのか。

インプットした力を毎回アウトプットして真の合格力へと仕上げる4Step の学習サイクル

「授業を聞いているときはわかったつもりになっていたのに、いざ自分の力で問題を解こうとすると解けない…」という経験はないですか?

いくら良い授業を受けても、習ったことを使いこなせなかったら意味がありません。

「クラスベネッセ 大学受験」は、そんな事態を防ぐ4Step の学習サイクルを用意。

映像授業→チェックテスト→復習・定着課題→マスターテストとインプット後にアウトプットを繰り返すことで、真の合格力へと仕上げます。

Step1

志望大入試を攻略するのに必要な知識や考え方を、わかりやすい授業でインプットします。

Step2

毎回授業の仕上げに10分間のチェックテストを実施。要点を理解できているか確認します。

Step3

帰宅後に課題に取り組むことで、授業で習った知識や解法のアウトプット力を高めます。

Step4

各単元の総仕上げとして挑戦。習ったことを入試に使える形でアウトプットできるかを確認します。このマスターテストに合格して初めて単元クリア。次の単元の学習に進みます。

つまずきや疑問点をいつでも相談・質問できるコーチがいます

間違いの原因を特定し解法の本質が理解できるまで。

理系科目コーチ
大阪大・工学部

間違えたり、わからない問題があったりするときは、その原因がどこにあったかを「生徒自身が」理解できるまでサポートします。

解き方の勘違いや、解法の本質を理解していないときは、問題を解くテクニックだけではなく、その問題で真に問われていることが何かをつかめるまで丁寧に説明し、「わかった」が「解ける」になるまで最大限の努力を尽くします!

文系科目の苦手解決!一人ひとりに寄り添います。

文系科目コーチ
神戸大・経済学部

文系科目には公式や枠組みに当てはめられない考え方が多く、苦手意識を持つ人も少なくありません。そこで、問題に対しての多様なアプローチを示して、完全に理解できるまで寄り添います。

また一人ひとりとのコミュニケーションを大切に、お姉さんのような身近な存在に感じてもらい、次回の授業が楽しみになるようにと心掛けています!

このページのトップヘ