継続的に英語力の伸びを
測定できる英語テスト

コンセプト
テスト後のコンサルティング
人的資本を高めるツール、それがGTECです
株式会社ベネッセコーポレーション 元:社会人キャリア開発事業部 営業部長 西村洋
● 日本人に欠落しているコミュニケーション能力としての「語学力」

現在の日本では、「人」「物」「金」「情報」のうち、グローバル化の中で、「人」の部分が最も遅れています。つまり、「グローバル化を実現するには、充分な人的資本がない」と言い換えることができるのではないでしょうか。

ビジネスにおける日本人の能力の高さは、世界でも有数のものだと思います。しかし、日本人は高い能力を持ちながら、それを発揮するためのツールを持っていない。その欠落しているツールの1つが、コミュニケーション能力としての「語学力」だと私たちは考えています。

日本人が、その本来の力を世界で発揮できるだけの実践的語学力を修得するにはどうすればいいのか? 
これが私たちの大きな課題です。そして、その課題を解決するために開発されたのが、GTECというグローバルコミュニケーション能力の新評価システムです。

 
● GTECを核としたトータルなコンサルティングサービスを提供する

人的資本を高めるための起点は、正確な評価システムによる現状把握です。GTECは一つのアセスメントツールであり、人材の能力や特性を客観的な数値データとして把握するためのものです。アセスメントツールはその性質上、使い方次第で価値がまったく変わってしまいます。データを出しただけでは意味がない。そのデータをどう活用し、どのような形で課題解決に役立てていくかを、常に検討していく必要があるわけです。

そうしたことから、私たちはGTECを核としたトータルなコンサルティングサービスを提供していきたいと考えています。「試験を実施しただけで終わり」「結果を出しただけで終わり」というのではなく、事前に「どのような目的でテストを実施するのか」をディスカッションさせていただき、貴社の課題を特定した上でテストを実施します。結果が出たあとは、個々の課題解決のためにデータを分析し、今後の研修・教育にどう結びつけていくかをご提案させていただきます。

現在、各企業は、それぞれ多様かつ個別的な課題を抱えています。そうした課題の中には、企業単独では解決できないものも多いでしょう。GTECは、全世界のベルリッツの企業クライアント12,000社分のケーススタディの蓄積から得た多種多様なノウハウを持っています。これらを充分に活用しながら、貴社とともにに課題解決のお手伝いをさせていただきたい……そして、クライアントの課題が解決されるまで、クライアントと一緒に考え、実行する。それが私たちの提案するコンサルティングサービスです。

PAGE TOP