継続的に英語力の伸びを測定できる
スコア型英語4技能検定

英語コミュニケーション能力を
測定するオンラインテスト

社会人・大学生対象GTECは、オンラインで「聞く」「読む」「書く」「話す」の4つの英語コミュニケーションを測定できるテストです。ここではその特長をご紹介いたします。

2017年秋、テストをより受検しやすく、よりお申し込み・管理がしやすくなるようにリニューアルをいたしました。
詳しくはこちら

01

オンラインで4技能が測定可能

「読む」「聞く」はもちろん、「書く」「話す」を含めた4技能をひとつのテストで測定可能。総合的なコミュニケーション能力を測定します。また、ビジネスや日常生活シーンを想定した出題内容で実践的な英語力が測定可能です。

GTEC Listening即応性・情報選択・要点理解など「聞く能力」を多角的に測定 Reading速読力、スキミングなど「読む能力」を多角的に測定 Writingビジネスに直結した内容で「書く能力」を実践的に測定 Speakingリアルなシチュエーションと課題で「話す能力」を測定
02

短時間で正確に測定可能

最大約90分で4技能が測定可能。受験者の能力レベルに対応する出題方式とビジネスや日常生活のシーンを想定した出題内容で、実践的な英語力を正確に測定します。

  • ※受験者の能力、正解、不正解の回答状況に合わせて、出題される問題の難易度が変わります。
短時間で正確に測定できる
03

詳細なスコアレポート

最大約90分で4技能が測定可能。受検者の能力レベルに対応する出題方式で、短時間で正確に測定します。受検結果は受検後10日でWEB上で閲覧が可能です。

詳細なスコアレポート
04

LR/LSのみの測定も可能

従来型テスト同様、2技能(Listening, ReadingまたはListening, Speaking)に絞って受検することも可能です。PCを使用し、約30分(Business/Academic版LRの場合)という短時間で受検が可能なため、受検者・管理者の負荷を最小限で行うことが可能です。

LRのみの測定が可能

2017年秋、テストをより受検しやすく、よりお申し込みや管理がしやすくなるようにリニューアルしました。
※受検は10/1 から可能です。

01

出題画面、スコアレポートの
デザインをリニューアル

出題画面のデザインを変更し、より解答しやすくなります。また、スコアレポートは、自身の強みや弱みを正確に把握できる帳票としてリニューアルします。

  • ※出題内容、採点方法・基準等は従来のGTECから変更ありません。
02

受検の事前準備・設定が簡単に

インターネットがつながる環境であれば、複雑な設定が不要で、いつでもどこでも受検が可能です。

  • ※受検に必要なアプリのDLが必要です。
  • ※動作環境についてはこちらをご覧ください。
03

管理システムの機能を拡充

管理画面上から、リスト登録、受検案内メールの配信が可能になります。
また、受検者のスコアの取得も簡単になります。

  • ※初回のみ企業登録が必要。詳しくはこちらからお問い合わせください。
PAGE TOP