継続的に英語力の伸びを測定できる
スコア型英語4技能検定

英語コミュニケーション能力を
測定するオンラインテスト

社会人・大学生対象GTECは、オンラインで「聞く」「読む」「書く」「話す」の4つの英語コミュニケーションを測定できるテストです。ここではその特長をご紹介いたします。

01

オンラインで4技能が測定可能

「読む」「聞く」はもちろん、「書く」「話す」を含めた4技能をひとつのテストで測定可能。総合的なコミュニケーション能力を測定します。また、ビジネスや日常生活シーンを想定した出題内容で実践的な英語力が測定可能です。

GTEC Listening即応性・情報選択・要点理解など「聞く能力」を多角的に測定 Reading速読力、スキミングなど「読む能力」を多角的に測定 Writingビジネスに直結した内容で「書く能力」を実践的に測定 Speakingリアルなシチュエーションと課題で「話す能力」を測定
02

短時間で正確に測定可能

最大約90分*で4技能が測定可能です。能力レベルに対応する出題方式とビジネスや日常生活のシーンを想定した出題内容で、実践的な英語力を正確に測定します。

*公開会場版・4技能の場合

  • ※受験者の能力、正解、不正解の回答状況に合わせて、出題される問題の難易度が変わります。
短時間で正確に測定できる
03

今後の方針までわかる
詳細なスコアレポート

受検結果は受検後10日でWEB上で閲覧が可能。スコアは様々な観点から能力を確認できると共に、今後の学習の方針までを得られます。
※右図はイメージです。スコア見本はこちらをご覧ください。

今後の方針までわかる詳細なスコアレポート
04

LRのみの測定も可能

従来型テスト同様、2技能(Listening, Reading)に絞って受検することも可能です。PCを使用し、約30分*という短時間で受検が可能なため、受検の負荷も最小限です。

*自宅受検の場合

LRのみの測定が可能

2018年春、テストをより受検しやすく、よりスコアを取得しやすくリニューアルしました。

  • ※受検は3/5から可能です。
01

出題画面、スコアレポートの
デザインをリニューアル

出題画面のデザインを変更し、より解答しやすくなります。また、スコアレポートは、自身の強みや弱みを正確に把握できる帳票としてリニューアルします。

  • ※出題内容、採点方法・基準等は従来のGTECから変更ありません。
02

受検の事前準備・設定が簡単に

自宅受検タイプの場合、インターネットがつながる環境であれば、複雑な設定が不要で、いつでもどこでも受検が可能です。

  • ※受検に必要なアプリのDLが必要です。
  • ※動作環境についてはこちらをご覧ください。
PAGE TOP