目標設定
GTECとは?
テスト概要

目標達成への確かな指標:スコアでわかる英語運用能力

GTECの結果は1000点満点のスコアを採用し、各レベルに応じて目標スコアを数値化しています。スコアは「読む」「書く」「聞く」「話す」各技能別、そして4技能の合計から割り出した総合的なコミュニケーション能力測定を実現。目標達成へ向けた確かな指標を導きだします。レベル別スコア評価とその英語運用能力は以下の通りになっています。
スコア レベル できる内容
1000

800
プロフェッショナルレベル 英語での交渉、プレゼンテーション、マネジメントなど、ほぼどのような場面でも自信をもって業務に使用することができます。
800

650
海外赴任可能レベル 海外赴任が可能なレベルです。日常生活、担当業務でも大きな問題なく即戦力で使える英語力を持っています。(650以上推奨)
650

550
海外出張可能レベル 担当業務での海外出張や、海外担当業務を行う事が来ます。
550

350
個人海外旅行レベル 個人的な海外旅行レベルであれば英語を使ってコミュニケーションができます。
350

完全な初心者レベル 初心者のレベルです。限られた状況の中でなら、部分的に相手のことを理解し、簡単なフレーズで自分の意図を相手に伝えられます。
ページTOPへ
4技能別の能力把握がさらに緻密な目標設定の指針に
GTECでは4つの能力別にスコアを評価し、それぞれのスコアに対して英語運用能力がどの程度あるのかを明示します(それを示したのが下の表です)。GTECを利用してスキル向上を目指す際には、この能力別のスコア評価がさらに精度の高い目標設定の指針となります。
スコア リスニング リーディング ライティング スピーキング
250 英語の会議などで、複雑な議論でも充分に理解できるレベルです。 リーディング能力が非常に優れ、新聞・雑誌や複雑な技術文書も問題なく読める状態です。 複雑な報告書、論文、プレゼンテーション原稿、正式な案内文などが作成可能なレベルです。 ほぼどのような複雑な状況でも、自信を持って英語で対応できるレベルです。
240
230
220
210 新聞・雑誌や仕事で来るメールや技術文書は充分早く読め、理解できる状態にあります。 報告書やメール、議事録など、多少複雑な英語の文書も大きな支障なく書くことができるレベルです。 複雑な議論、プレゼンテーション、スピーチなどが可能なレベルです。
200
190 英語の会議や電話でのやり取りでも、相手の話すことの内容理解に大きな支障はないでしょう。
180 新聞・雑誌や仕事で来るメールや技術文書は、大きな支障なく読んで理解できるでしょう。 レポートやメール、議事録など、一般的な英語の文書は大きな支障なく書くことができるレベルです。

 

マネジメント、議論、交渉など一般的な仕事で英語を使うことが可能なレベルに達しています。
170 英語の会議などには概ねついて行くことができますが、部分的に理解できないところがあります。
160
150 英語を使った会議は難しいですが、旅行や買い物でのやり取り程度であれば支障なく理解できます。 一般的なメール、議事録など、あまり複雑でない英語の文書を書くことができます。 部下や同僚に簡単な指示を与えたり、レストランでお勧めを尋ねたりすることは可能なレベルです。
140 仕事で来る通常のメールや文書なら読みこなせる状態ですが、複雑なものは時間がかかります。
130 ホテルやレストランの予約や買い物の際に、相手の言うことになんとかついて行けるレベルです。 旅行などで買い物や予約などのためには、支障なく英語で意図が伝えられるレベルです。
120 新聞の興味のある記事や、簡単なメールや文書なら読めますが、複雑なものは時間がかかります。 依頼文などの単純なメールや文書なら書くことができる状態ですが、複雑なものは困難さを伴います。
110 旅行などの場面で、相手が言うことを半分程度は理解できる状態です。 電話での予約や買い物など、定型的な場面で英語を話すことは可能なレベルです。
100 個人的で簡単なメールや文書なら読める状態ですが、複雑なものは困難を感じます。 定型的なメールや文書なら書くことができる状態ですが、複雑なものはまだ困難さを伴います。
90 単純なフレーズならば理解できますが、会話にはついて行くのが困難な状態です。 レストランでの注文などは可能ですが、多少困難を伴う場合があります。
80 個人的で簡単なメールや文書なら読める状態ですが、複雑なものは難しいレベルです。 お礼状やメモなどの簡単な文なら、多少の困難さを伴いながら書くことが可能です。
70 英会話の初心者で、簡単なことでも英語を話すのに困難を覚えるレベルです。
60 簡単な看板やメモなどの短いメッセージならば読むことができます。 故障を知らせたり挨拶を告げる1~2行の簡単なメモ程度なら書くことができます。
50 単語や単純なフレーズをゆっくり言ってもらえれば、なんとか理解できる状態です。
40
30
20
10
0
PAGE TOP