一覧に戻る

プレスリリース

−2011年生まれの赤ちゃん34,500人に調査、たまひよ名前ランキング−

今年最も多かった赤ちゃんの名前
男の子「大翔」(昨年2位)、女の子「結衣」(昨年2位)が1位
〜 「強さ」「人との結びつき」を願う名前に人気 〜


株式会社ベネッセコーポレーション(本社:岡山市)における妊娠・出産・育児事業「たまひよ」では、2005年から毎年赤ちゃんの名前に関する調査、「たまひよ名前ランキング」を発表しています。今年も2011年1月〜10月に生まれた赤ちゃん34,500人を対象に、名前や名前の読み方、漢字などを調査・分析したところ、主に以下のことがわかりました。

1)男の子は「大翔」(昨年2位)、女の子は「結衣」(昨年2位)が1位に

男の子では「大翔(昨年2位)が、昨年1位の「蓮」をおさえ、1位に返り咲きました。

女の子では「結衣」(昨年2位)が「たまひよ」がデータを発表しはじめた2005年以来で初の1位となりました。

2011年は昨年に引き続きの先の見えない経済状況に加えて、3月には東日本大震災が発生し、その後も台風などの自然災害が続きました。将来に不安を感じる一方で、人とのつながりの大切さを再発見した世相にあって、「未来に羽ばたく強さを持ってほしい」「人との結びつきを大切にしてほしい」というわが子への願いが込められていると考えられます。

2)女の子の名前で「愛菜」が昨年43位から7位に急上昇

女の子では「愛菜」が、昨年43位から7位にランクインしました。女優の芦田愛菜ちゃんの活躍が影響していると考えられます。

3)名前に使われた漢字では、明るい願いを込めた「陽」「希」「心」がランクアップ

名前に使われた漢字では、男女ともに「陽」「希」「心」がランクアップ。震災や不景気などの影響で不安も多い世の中、子どもの未来が明るく前向きなものであるよう願いを込めていると思われます。


上記の結果の詳細は以下をご覧ください。

2011年たまひよ名前ランキング



一覧に戻る