ベネッセコーポレーションは、Udemyの日本における事業パートナーです。
Udemy×TABLE FOR TWO 	あなたが学ぶと、世界のみんなが学ぶ

1コースの受講で、1週間分の給食がアフリカ・アジアの子どもに寄付されます。

おすすめの寄付対象コース

  • 「世界で7万人が受講!未経験からWebプログラマーになるための全て」2015年最新版
  • ソーシャルメディア時代のマーケティングの基本と事例
  • 【1日15分でTOEIC150点UP】カナダ留学TOEIC専門学校レッスン
  • 誰にでもわかる基礎写真講座
  • 【世界で2万人が受講】実践 Python データサイエンス
  • 完全攻略!初級者からプロになるためのiOS 9アプリ開発のすべて
  • 今日から実践で使える!Google アナリティクス講座
  • 元Appleエバンジェリスト、ガイ・カワサキの起業家塾(日本語字幕)
  • 知識ゼロ&1万円から始める株式投資
  • 現役女子アナ直伝!プレゼンテーション上達法
  • 未経験からプロのWebデザイナーになる! 400レッスン以上の完全マスターコース
  • エクセル兄さんの関数マスター講座19【Excelの仕事力と資格力がつく】

すべての寄付対象のコースを見る

TABLE FOR TWOとは

世界の約70億人のうち、約10億人が飢餓や栄養失調の問題で苦しむ一方で、20億人近くが食べ過ぎが原因で肥満状態にあります。
この深刻な食の不均衡を解消するため、2007年の秋に日本でTABLE FOR TWOが創設されました。
2016年までの約8年間で、日本国内外でのTABLE FOR TWOプログラムへの参加企業・団体数は約650に。食堂から始まったプログラムは、レストランやコンビニ、自動販売機や披露宴など、様々なかたちで広がっています。
TABLE FOR TWOの仕組みは、海を越えて海外にも広がっています。2016年現在、アメリカをはじめスイス、イタリアなどヨーロッパの国々、ノルウェー、サウジアラビア、そして香港やベトナム、オーストラリアなど計14か国で活動を展開しています。

TABLE FOR TWOという名称の由来

TABLE FOR TWO、直訳すると「二人の食卓」。先進国の私たちと開発途上国の子どもたちが、時間と空間を越え食事を分かち合うというコンセプトです。
TABLE FOR TWOに参加することによって得られる地球人としての一体感と思いやりの心が、現在の世界にとって不可欠だと私たちは考えています。

TABLE FOR TWOの活動をもっと見る

Udemyとは

優れた知識を持つ人と、本気で学びたい人をつなぐ、世界最大級のオンラインプラットフォームです。PC・スマートフォンでいつでもどこでも受講できる、忙しい社会人におすすめの動画学習サービスです。

  • 時間や場所を選ばず、好きなことが好きなだけ学べる。通勤・通学時間、週末のカフェ、放課後に家で...選ぶのはあなたです。
  • ビジネス・英語・知育・資格・ITスキル・ダイエット・趣味・学校の勉強まで全ての人の学びたいニーズに最適なコースを提供します。
  • 学びたい人と教えたい人を直接つなぐサービスだから実現できた魅力的価格と高品質。え!この値段でこの内容が!?がきっと見つかる。
  • 世界中で1,000万人以上の方が 意欲的に学んでいます。
  • 20,000人以上のインストラクターが 熱意ある講座を届けています。
  • 40,000以上のコースから 自分に最適な学びを選べます。

すべての寄付対象のコースを見る

Udemyの講師として参加する

担当者からのメッセージ

TABLE FOR TWO

TABLE FOR TWOの支援先では、日々食べることもできず学校に通えなかったたくさんの子どもたちが、学校給食プログラムにより再び通えるようになり、出席率・就学率が大きく向上しています。1食の給食が、子どもたちの学びと、その先にある夢に繋がっています。オンライン上でいつでも、どこでも、自分のペースで学びを得ることができるUdemyのコースで、より多くの方が必要な知識や情報を得、そして地球の裏側の子どもたちにも、たくさんの学びをプレゼントできると大変嬉しく思います。

TABLE FOR TWO International
大宮 千絵

Udemy

Udemyは"help anyone build the life they imagine"をミッションとし、オンライン教育のプラットフォームを通した学びを世界中1000万人以上の方に提供しております。本企画は、オンラインで皆様が学ぶことで、アフリカ・アジアの子どもたちの学びにも繋がるという、世界の教育に貢献できる壮大なプロジェクトです。1人でも多くの子どもたちが、この試みを通して学ぶことができることを祈っております。

Udemy
事業開発部 松方 肇