スマートフォンサイトはこちら

幼児期の英語Q&A

小学校から英語必修化が始まるなど、ますます英語が重要視される未来。 「いつからどのように始めたらよいのか」と多くのかたが悩んでいます。 そんな幼児期の英語について、専門家のお話やデータをもとにお答えします。

<Q.1>幼児期の英語は、いつから始めるとよいの?
耳がやわらかい幼児期がオススメ。英語も自然に吸収できる時期です。 言葉への興味が高まってくる幼児期は、英語に限らず言葉を吸収しやすい時期です。 言葉が爆発的に増えるのは2-3歳の頃だと言われていますが、生まれてから言葉を発する年齢になるこの時期は、まだ日本語、英語といった意識を持って言葉に接していません。そんな、耳から聞いたそのままの音を吸収し、英語独特の音やリズムを感覚として身につけやすい幼児期から始めるのがよいでしょう。
<Q.2>日本語も話せないのに、英語を学ばせるのは早いのでは?
日本語が完成していない時期だからこそ、できることがあります。 言葉を吸収している最中のお子さまにとっては、日本語・英語といった言語の区別はありません。だから、日本語が確立する前の幼児期なら、日本語の音に置き換えることなく、英語をそのまま吸収できるのです。 豊田 ひろ子 先生/東京工科大学教授。専門はバイリンガル教育。 日本語が確立していないからこそ、置き換えることなくそのまま吸収できます。 日本語をある程度習得してから英語を始めた場合、「Apple→アップル」のように、聞こえた英語の音を、自分の知っている日本語の音にひきつけて聞き取り、それを発語してしまいます。今はまだしっかり発語できないので、おうちのかたは発音の違いをすぐに感じることは難しいかもしれませんが、英語が出始める頃、きっとお子さまの発音の違いに驚かれることでしょう。
<Q.3>親は、こどもの英語にどのように関わればよいですか?
お子さまが喜ぶ遊びの中に、英語も一緒に取り入れましょう。 言葉はコミュニケーションを楽しむための道具。これからお子さまがポジティブな気持ちで「やりとりを楽しむための言葉」として英語を吸収できるように、次のことを心がけてみましょう。 榊原 洋一 先生/医学博士。お茶の水女子大学教授。日本語子ども学会副会長。 「言葉」「声」「表情」「動作」すべてを使ってお子さまに関わってあげましょう。 お子さまは、言葉や感情を込めた声、表情などすべての情報を使ったやりとりを通して、英語を習得していきます。だから、英語を聞かせる場合もただ音を流すだけではなく、できればおうちのかたも一緒に歌を口ずさむなど、お子さまへ働きかけるよう心がけてください。 お子さまの発達にあった遊びを通して、英語へのポジティブな気持ちを育てましょう。 おうちのかたとお子さまの発達にあった英語遊びをすることで、英語に対して「おもしろい」「楽しい」というポジティブな気持ちがはぐくまれます。「英語を楽しむ心」や「英語学習への前向きな準備」につながる前向きな気持ちを、まずは育ててあげましょう。
<Q.4>親は英語が苦手だけど、大丈夫?
カタカナ英語、日本語でも大丈夫です。英語遊びをお子さまと楽しんでください。 おうちのかたの役割は、英語を「教えること」ではなく「一緒に楽しむこと」。おうちのかたとのやりとりを通して、英語を使う楽しさを感じられるように、一緒に英語で遊んで、できたことはたっぷりほめてあげてください。 吉田 研作 先生/上智大学言語教育研究センター教授・センター長。専門は応用言語学。 聞いた量が「ネイティブスピーカー>おうちのかた」であれば、お子さまは正しい発音へ自然と修正されます。 カタカナ英語で話しかけるとそのまま覚えてしまうのでは?と心配されるかたもいらっしゃいますが、お子さまは学習したことを修正できる力を持っています。 ネイティブスピーカーの音をたくさん聞いていれば、自然と音を聞き分け正しい発音をマネできるようになるので、おうちのかたは安心して一緒に英語を楽しんでください。 お子さまの発音が何か違う・・・こんな場合も発音は修正しないでください。 「スイカ」を「しゅいか」、「おさかな」を「おちゃかな」のように、はじめは言い間違いをしていた言葉も、繰り返し聞いているうちに、自然と正しい発語に修正されます。 これは日本語も英語も同じです。繰り返し正しい言葉にふれる中で、お子さま自身が自然と正しい発音を身につけることができます。
<Q.5>幼児期から始めると、効果はありますか?
幼児期から英語に親しんでいると、将来的に英語が好き・得意になります。 幼児期から英語にふれているお子さまほど、英語に積極的に 幼児期にふれる英語は、勉強ではなく遊びが中心。だからこそ、幼児期から英語の歌を歌ったり、英語でゲームをしたりして、遊びとして英語にふれたお子さまは、その楽しい記憶からのちに英語を学習するときに、英語に対してポジティブな気持ちをもつようです。
好きだと思える気持ちこそ、学びの原動力。幼いうちから勉強としてではなく、楽しい遊びとして英語にふれるきっかけを、おうちのかたが作ってあげましょう。
おうちのかたから見て、お子さまは英語が得意だと思いますか? ※「とても得意」・「まあ得意」回答数の合計です。 ※2010年10月ベネッセコーポレーション<こどもちゃれんじEnglish>編集部調べ(対象:小学校1年生の保護者のかた)

イースターミニ絵本&シールつき 英語トライアルセット 無料プレゼント!

PICK UP!

期間限定! 教材レンタルサービス レンタル価格:通常2,000円(税込)⇒ 500円に

イースターミニ絵本&シールつき 英語トライアルセット 無料プレゼント!

教材体験サービス

英語たいけんイベント

英語たいけんイベント開催のご案内
【3月4日・5日】
愛知で開催
【3月11日・12日】
大阪で開催
【3月18日・19日】
東京で開催

自分の都合のよい時間に教材を試したいかたにオススメ おうちで英語体験

お近くの親子カフェやエリアベネッセで体験できます

キャンペーン・その他

お友達紹介キャンペーン

教材専用収納棚のご紹介

Baby Massage CD