We are Worldwide Parents.

会員の保護者のかたが語る!
本音トーク

本音トーク一覧へ戻る

清水さん親子

お子さんのお名前

れいくん 2歳2か月

使用開始年齢

1歳

パパの職業

33歳 教育コンサルタント

ママの職業

33歳 編集者

お住まい

東京都文京区

主人に促され体験会に参加
子どもの予想以上の反応にびっくり

入会のきっかけは、主人から「WKの無料体験会があるから、参加してみない?」と
言われたことです。私自身、学生時代に長期留学の経験があり、英語はとても好きでした。ただ、自分自身の経験から、英語はやる気があれば何歳からでも身につくものだと思っていたので、小さいうちから子どもに習わせたいとは考えていませんでした。

一方、主人は、教科として英語は得意だったけど、話すことが得意ではなかったので、子どもに早くから英語に触れさせ、自信を持ってほしいと考えたようです。そこでWKに興味を持ち、私に勧めてくれました。教材だけで英語が身に付くのかなと思いましたが、「無料だからとりあえず行ってみよう」と軽い気持ちで参加しました。すると、10か月だった息子がとても楽しそうにしていて、音楽や映像にとても良く反応していました。

息子に何か刺激を与えたい
自宅で遊びながら英語に触れさせる

その頃、私は育児にちょっとした悩みを持っていました。日々成長していく息子と遊んでいるなかで、自分の関わり方はこのままで良いのかなと少しマンネリのようなものを感じていたのです。1歳目前になり、何かおもちゃを与えたり、新しい習い事をはじめたりしたいと思っていました。リトミックなどにも行きましたが、なかなか「これだ!」というものも見つかりませんでした。インターナショナルスクールの経営する英会話教室にも行ったのですが、ネイティブスピーカーの先生に緊張してしまって、子どもの反応もあまり良いものではありませんでした。

一方、WKは、親子で一緒に楽しめるのが良いと思いました。0歳児なので教室に通うよりも、自宅の安心した環境で、私や夫と一緒に遊びながら英語に触れる方が合っていると思い、購入に賛同しました。教材費は一括で払うと高い印象ですが、英会話教室は月に1万円近くかかりますし、時間も1回40分程度。それに比べ、WKは家庭で毎日使えるので、費用も高くないと納得できました。

ネイティブスピーカー並みの発音にびっくり
“Good morning!”とパペットに話しかける

教材を開始して1年程度ですが、本当に子どもの吸収は早いなと感じます。例えば、
“banana”と言うときも、カタカナ英語ではない、ネイティブスピーカー並みの発音で言えるようになりました。また、キリンの絵をみると、日本語で「きりん」と答えるのではなく、“giraffe”と答えるんです。共働きなので平日に教材を使ってじっくり遊ぶ時間はなく、保育園から帰ってきて夕飯の支度中にDVDを見せているぐらいなのですが、自然と英語が身に付いているようで、うれしいです。先日は、息子とMimiのパペットで遊んでいたときに、私が息子の相手をするのに疲れてしまって、「Mimiは寝ちゃったよ」と言ったら、息子が起こす真似をしながら“Good morning!”と話しかけていました。単語だけでなく、そんなフレーズもでてくるようになってすごいなと思います。

WKのようなオールイングリッシュの映像を動画サイトなどで探そうとしてもなかなかうまく見つかりません。また英語の絵本を読んであげたくてもどのような本が我が子のレベルに合っているのか分からないですが、子どもの発達段階に合った良質なコンテンツを届けてもらえるのは、忙しい我が家にはとてもありがたいです。

本音トーク一覧へ戻る