We are Worldwide Parents.

会員の保護者のかたが語る!
本音トーク

本音トーク一覧へ戻る

河崎さん親子

お子さんのお名前

はなちゃん 4歳

使用開始年齢

0歳10か月

パパの職業

38歳 IT企業

ママの職業

40歳 メーカー商品開発

お住まい

東京都世田谷区

子どもが生まれる前から
受講を決めていました

WKに出合ったのは、子どもが生まれる前です。友人から「良い英語教材があるよ」と勧められ、実際に、お子さんに使っている様子を見せてもらいました。カラフルなトイで楽しそうに遊んだり、DVDを見ながら英語の歌を口ずさんだりしている様子を見て、「自分も子どもが生まれたらぜひ使わせたい」と思ったんです。私が一番惹かれたのは、教材の持つ世界観です。教材のデザインがとても素敵で、各Stageで届くトイは有名な「ネフ社」や「ジーナ社」によるオリジナルのものもあって。WKでしか手に入らないオリジナルキャラクターがいるのも良いと思いました。また、動画は大人が見てもフォニックスから学べる内容になっていて、質の高さを感じました。

私自身、就職してから英語の必要性を痛感し、アメリカの大学院に留学したので、子どもには早いうちから英語にふれさせたいと思っていました。ただ、これだけで英語力がつくとは思っていなかったので、まずは英語への興味や関心が深められればと思い入会を決めました。

3歳すぎから英語の文章を
たくさん話すように

娘が10か月頃から教材を使用し始めました。特に活用したのはDVDです。毎日、親子で見るようにしていました。2歳くらいまでは、単語しか発語せず、「効果があるのかな?」と思っていたのですが、3歳をすぎて急に文章がでてくるようになりました。例えば、“Are you hungry?"と聞けば、"I'm hungry."と返ってくるようになったのです。

ただ、娘が3歳すぎに、WKから離れてしまった時期がありました。2歳ぐらいまでは好んでWKのDVDを見ていたのですが、次第に他のアニメを好むようになってしまったのです。しばらくWKのDVDを見ていなかったのですが、英語の文章を話すようになってきたので、もう一度、WKのDVDをつけてみました。すると、それまでは聞き流すだけだったDVDを、違う目線で楽しむことができたようで、また見たがるようになりました。例えば、Stage4のDVDにサンドイッチ店で商品を注文するシーンがあるのですが、2歳までは“sandwich”という単語を反復し、発語する程度でした。ただ、3歳過ぎてごっこ遊びを楽しめる年齢になり、台詞自体を真似するようになり、DVDで学んだフレーズが遊びのなかで自然と出てくるようになりました。

外国人の先生に
英語で話しかけられるように

DVDには、サンドイッチ店でのやりとりのように、子どもが「使いたい」と思うフレーズがたくさん含まれているため、子どもが自然と英語を覚え、日常生活で活用できていることに驚いています。彼女自身も英語を話すことに積極的になっているのを感じます。私はオンラインで英会話を学んでいるのですが、彼女も「外国の先生と話したい」と言うので、隣に座らせ一緒に参加させることもあるんです。最近は、私も娘に英語で話しかけ、英語を話す機会を増やすようにしています。

今後は英会話教室などに通うことも検討し、英語でのコミュニケーションの楽しさをもっと教えていきたいと思っています。

本音トーク一覧へ戻る