We are Worldwide Parents.

会員の保護者のかたが語る!
本音トーク

本音トーク一覧へ戻る

野口さん親子

お子さんのお名前

りんちゃん 1歳1か月

使用開始年齢

5か月の時

パパの職業

34歳 商社勤務

ママの職業

36歳 養護教諭

お住まい

大阪府豊能郡

何が好きか嫌いかがわかる前に
当たり前に英語がある環境にしたい

私は養護教諭をしているので、学校現場から英語の大切さを痛感していました。子どもには何が好きか嫌いかがわかる前に、当たり前に英語がある環境にしたいと考え、生後5か月で入会を決意。夫は留学経験もあって英語が話せるので、日本にいる限り“耳が育たないと英語は成長しない”とわかっていました。とにかく耳を慣れさせて、物心がつく前に英語を好きになってほしい、というのが私たちの思いでした。

WKを選んだ理由は、トライアルDVDを観せたときに子どもの反応がよかったことが一番です。特にMimiが好きみたいで、DVDを流しているだけなんですがで、Mimiに反応しています。それから、子どもは指を使うのが好きなので、絵本を開くと英語の歌が流れる音絵本や、積み木などでよく遊んでいます。低年齢でも使えるおもちゃが充実しているので、五感を使って英語とふれ合うことができています。

また、WKは成長過程にあわせて情報発信をしてくれるので、親が使い方に困ることもありません。入会後のフォローも手厚いと感じました。

英語はどんな職業になるにも必要
将来への“投資”と考えれば高くない

受講を検討している方は受講費で迷うかもしれませんが、WKは6歳までフォローしてくれるので、トータルで考えたら費用対効果は高いと思います。これからの時代、英語は将来どんな職業になるにも必要になってくるので、子どもへの投資だと思えばこの値段は安いのではないでしょうか。

今の時代は、いろんな仕事が選択できます。私は子どもに早いうちに自立してほしいと思っています。そのためには、勉強だけではなく、コミュニケーション能力もつけてほしいし、行動力もつけてほしい。いざ何かをやりたいとなった時に、一つのツールとして英語を持っておいてほしいんです。今から英語を好きになってもらうことで、将来の選択肢を広げてあげたいと思っています。

本音トーク一覧へ戻る