We are Worldwide Parents.

会員の保護者のかたが語る!
本音トーク

本音トーク一覧へ戻る

片山さん親子

お子さんのお名前

ちさとちゃん 4歳5か月

使用開始年齢

0歳の時

パパの職業

39歳 製造業

ママの職業

38歳 パート

お住まい

兵庫県神戸市東灘区

兄妹でたっぷり使えると思えば
コスパは高い

元々、私も主人も英語が大好き。私は学生時代から英会話教室に通っていて、主人も実家がホームステイの受け入れをしていたので、二人とも英語が身近にある環境で育ちました。私たちが英語好きということもあって、子どもに英語をやらせることは生まれる前から決めていました。

お兄ちゃんが2歳頃に先にWKを始めて、娘は実質0歳から触れていました。 オールイングリッシュだったことが入会の決め手になりましたが、大人から見てもこの教材はすごく考えられて作られているなと思いました。また、おもちゃもすごく充実していたので、遊び感覚で英語が身に付けられそうだと期待も大きかったです。

価格の面で迷われる方は多いと思いますが、WKは6歳までカバーしているし、兄妹で使えると考えたらコスパは高いのではないでしょうか。実際に兄妹でたっぷり使うことができて、すごくよかったと思っています。

洋服が好きな娘
Shoppingのシーンで単語を丸ごと覚える

WKをやり始めて4年以上経ちますが、今でも少なくても、週に半分は見るようにしていて、そこに出てくるおもちゃで時間のある限り遊んでいます。キャラクターも好きだし、DVDもおもしろいんでしょうね。自分の好きなコーナーが各DVDに必ずあるので、どれをみるのか選んでもらうスタイルにしています。私もこの教材が好きなので、娘には「一緒にまねっこしよう」とうながして、出てきた単語を使って話しかけてみたり場面を作ってあげています。

0歳から始めた娘は、何の先入観もなく英語が音で入ってきているので、発音はきれいだと思います。特に“Polka dot”(水玉)という単語がお気に入りで、音が好きなのか、水玉と言うよりも英語のほうが言いやすいのかもしれません。女の子だし洋服が好きなのでStage4の絵本“Mimi Goes Shopping”をよく読んでいて、Mimiちゃんがワンピースを選ぶシーンで柄の単語を覚えたんだと思います。好きなシーンに紐づいて単語が自然と頭に入っているようで、大人からするとうらやましい限りです。

「次はいつ行くの?」
ワークショップがモチベーションに

会員限定のワークショップに行くと、最初の頃は恥ずかしがっていたんですけど、最近では積極的にお友達と自己紹介して自分からどんどん話しかけています。「今日は何人とお話できた」っていうのがモチベーションになっているんだと思います。新しいお友達と英語で話せるのがうれしいようで、何回も行くうちに「次はいつ行くの?」と聞くようになりました。

娘には、将来どんな仕事に就くにしても、海外まで視野を広げることに抵抗がない人になってほしいと思います。そのためには英語が嫌いになってしまうと一番困ると思うので、まずは英語を楽しいものだと思ってほしいですね。

今の段階で、遊びの一環で抵抗なく英語に触れるスタイルができたので、これをベースに続けていってもらえたらと思います。

本音トーク一覧へ戻る