Benesse

RECRUITMENT

ベネッセをIT企業化!?
エンジニアが活躍する
アジャイルな組織を目指す

坂場 悠平

損保系IT会社から、2019年中途入社

高校向け学習アプリ開発のスクラムマスター

  • 前職の経験から、エンジニアが楽しくやりがいを持って働ける組織づくりに興味を持ち、アジャイルな組織を目指すように。ベネッセに入社したのも、そうした組織づくりに貢献したいという思いからだった。「身近な人のために働きたい」という坂場に、これまでの経験と今後目指す姿を聞いた。

エンジニアが幸せを
追求できる組織をつくりたい

ベネッセを転職先に選んだのは、どんな理由からですか

前職は損保系のIT会社で、システム開発や内製化を推進していました。常にもっと早く良いモノをつくりたいと思っていましたし、私自身プログラミングが大好きでした。しかし開発の規模が大きくシステムの堅牢性が求められるほどに、組織やプロセスの壁を感じるようになり、開発以外の仕事が増えたんです。

こうした状況を打破したいと考えていた時に出会ったのがアジャイルやスクラムです。可能性を感じた私は、アジャイルな開発を実践するためにスキルセットやツールセット、またガバナンスの整備といった推進業務を行いました。

そんな経験から、開発に没頭できる環境づくりが何よりも大切だと思い、チームが主体的に意思決定でき、ルールすらも自分たちで変えていける世界をつくりたいなと。

ベネッセではデジタル化を強く進めており、内製化も拡大中です。面接の場で「アジャイルな開発や働き方を深化・拡大させたい」という方向性を聞くことができ、これまでの経験を役立てることができると思いました。

「誰かのため」と思うと、
頑張るパワーが出てくる

仕事のやりがいはどんなところに感じますか

私は「誰かのため」と思うと、頑張るパワーが出てくるタイプです。人の役に立っているという実感は、働く上で大きなモチベーションになりますし、アジャイルな組織づくりは仲間のプロダクトオーナーや開発チームのため、そして教育事業に携わるのは子どもたちの役に立ちたいからです。

現在は、高校生向け学習アプリの開発チームでスクラムマスターをしています。高校生がいかにストレスフリーに学習できるか、そして、どうすれば学習の効果を最大化できるかなどのUX(ユーザーエクスペリエンス:顧客体験)設計を、開発エンジニア3名、プロダクトオーナー1名、そしてスクラムマスターである私の5名を中心に、組織一丸となって話し合いながら進めています。

プロダクト開発をどのように進めるかは、基本的にすべてスクラムチームに任されています。プロダクトと開発をよりよくするためにどうすべきかをチームメンバー全員が提案し、スピーディに動き出すことができるのは非常にやりがいがありますね。

例えば、最近ではテストの自動化に力を入れています。繰り返し行う手動でのテスト作業は、エンジニアの創造性やモチベーションを削ることも多いんです。テスト自体を、品質向上するためだけの作業から、自動化というエンジニアの創造性を刺激する活動へ進化させつつ、デリバリースピードを上げる後押しをすることもスクラムマスターの役割だと思っています。

こうした文化の中で、若手の転職者もすぐに仕事を任され活躍しています。大きな企業なので、新卒で入ったプロパー組と転職組とで扱いが違うなんてことはあるのだろうか……?と思っていましたが、全く心配はいりませんでした。

すべての子が学びたいと思った時に
学べるように

転職してきてベネッセの印象は変わりましたか

私の子どもは、〈こどもちゃれんじ〉や進研ゼミに夢中になって取り組んでいます。子どもたちの様子を見ながらベネッセのことを身近に感じていて、以前から漠然と良い企業だというイメージを抱いていました。

入社後のオリエンテーションでのこと。創業の歴史を学ぶセッションがありました。その際に、進研ゼミが「地方や塾のないエリアなどで学びたいと思った子が学べる環境をつくる」という思いからスタートしているということを聞き、胸を打たれたんです。私自身、アジャイルな組織を目指していますから、オープンなマインドや情報の透明性、ロール(役割)を軸としたフラットな組織構造はとても意識しています。私の中で、ベネッセの教育事業とアジャイルな組織のあり方がリンクした瞬間でした。

現在は、同じ教育を平等に提供するという形から一歩進み、子どもたち一人ひとりが能力を伸ばす機会を等しく与えられるアダプティブ・ラーニングも注目されています。私は通信教育でそれをどう実現していくかに強い興味を持っており、ICTはその面で大きく寄与できると考えています。

「ベネッセをIT企業にしたい」という思い

これからやっていきたいことは何ですか

先日、全社朝礼で社長自ら「アジャイル」というキーワードを使って話をされていました。ベネッセは会社全体で組織のあり方を考える大きな転換期を迎えているのだと思います。そのタイミングに立ち会えたことが非常に嬉しいですね。

ベネッセの社員は頭の中で素晴らしいアイデアを思い描いている。エンジニアの満足度も高めながら、企画サイドとの密なコミュニケーションを通じてスピーディーに実現していく土壌を耕していくことが私の役割だと感じています。

誤解を恐れずにいうと、私は「ベネッセをIT企業にしたい」と思っています。エンジニアリングと企業活動を一体化したいという意味です。エンジニアが創造的な仕事ができる会社であれば、それはIT企業と呼べるのかなと個人的には思っていますし、開発者体験(Developer Experience=DX)を高めれば、企業課題でもあるデジタルトランスフォーメーション(DX)に貢献できます。

企画(編集)と開発(エンジニア)の役割は違えど、今後はその距離がどんどん近くなっていき “ワンチーム”になっていくと思います。プロダクトオーナー、スクラムマスター、開発チームが一体となったプロダクト開発の現場が当たり前に会社全体へ広がっていく。そんなイメージを実現していくには、開発チームは企画(編集)のことをもっと頭に入れなくてはいけないですし、編集・企画側もプロダクト開発をもっと理解していかなければいけないでしょう。

垣根を超えて、チームとして一体になっていければ、スクラムマスターという私の役割は“終わり”です。究極的なことをいうと、スクラムマスターがいなくても円滑に回る組織を目指しているんです。

エンジニア一人ひとりの開発体験を大切にすることで、結果的に、一人ひとりの「よく生きる」をテクノロジーの側面から貢献できると信じています。

私にとっての
「はたらく」

『私にとって「はたらく」とは、他者に貢献すること。そして、貢献しようとする中で悩み→楽しみ→悩み→楽しみを繰り返していくことが仕事の醍醐味。生涯を通じてそのサイクルの中に居続けることが、自分にとっての満足感につながると思っています。』

※塩瀬隆之氏(京都大学総合博物館准教授)が、「はたらく」への考えを深める目的で作ったフレーム。反対語・類義語を考えると「はたらく」の多面性を実感する。また、各三語挙げることで個人の価値観が分かりやすくなる。