Benesse

採用サイト トップに戻る

RECRUITING SITE

会社の変革期に事業部とともに
多様なチャレンジができる醍醐味

猪狩 勇人(左)

山原 和馬(右)

  • 大手法律事務所から転職した猪狩とメーカーの法務部から転職した山原。
    前職での経験は異なる二人だが、「専門性を生かし、自らの課題意識から仕事ができる」点でベネッセでの仕事にやりがいを感じるという。転職の動機や現在の仕事の醍醐味について話を聞いた。

事業にコミットして
成長戦略をともに描く仕事がしたい

ベネッセに転職した理由を教えてください

猪狩:私は4年半、大手法律事務所で弁護士として働いていました。企業から依頼を受けて、資金調達のプロジェクトなどの支援をする仕事でした。主に関わっていたのは金融関係でしたので、教育などのベネッセのビジネス領域は入社してはじめて触れました。
ベネッセには、法務担当として事業にコミットして会社・事業の成長をともに描ける仕事だと考えたことと、ワークライフバランスを保ちながら仕事ができそうなことに魅力を感じて入社しました。

山原:前職では、自動車メーカーに勤務していました。法務部の在籍期間が最も長かったのですが、ジョブローテーションで事業部門にいたこともありましたし、マネジメントの立場も経験しました。転職の際には、こうしたキャリアが生かせる企業を検討しました。
ベネッセは、企業理念「よく生きる」を掲げて、それが社員に浸透している点に興味を持ちました。私にとって、「誇りを持って働けるか」が非常に重要なポイントだったので、「この会社であれば大丈夫」と思ったのを覚えています。

実際にベネッセに入社した後の印象を教えてください

猪狩:率直に、一緒に仕事をしやすい人が多いと感じました。それは法務部内の人にも、事業部の人にもいえることです。また、新しい取組みについては、かなり早い段階から法務部も加わり、一緒に検討を行っていくことも多いです。そのようなときは、法務部を「一緒に商品・サービスを作っていく存在」と思っていただけているんだな、と感じます。

山原:カンパニーの独自性も重視していますし、柔軟性のある企業だと感じました。大企業なのでガッチリ決められていることが多いのかと思っていましたが、そんなこともない。中途入社の私でも、様々な施策を提案し、実現できることは魅力に感じます。

自身の課題意識から
新たなプロジェクトが動き出す

お仕事内容について教えてください

猪狩:ベネッセに入社して数ヶ月後に、大型の事業提携案件の担当となる機会がありました。検討開始から案件のデッドラインまでの期間があまりなく、その中で英文契約書を含め多数のタスクをこなす日々が続き大変ではありましたが、会社の新たな収益源となりうる事業に関わるチャレンジングな仕事ができ、やりがいがありました。
普段は、契約書の作成・レビュー、広告物・Webサイト・景品の法令観点からのチェック、新たな商品・サービス・キャンペーンのスキーム検討・リスク分析・実行の支援、トラブル対応など、幅広い業務を担当しています。「Digital Innovation Fund」の設立も公表されましたので、今後は出資や事業提携での法務部の出番も増えていく可能性があるのでは、と個人的には思っています。

山原:法務面でのサポートに加えて、「コンプライアンス体制の構築」も担っています。事業部に入り込んで、日々の相談に対応しているだけでは把握できないリスクを把握し、事業部と一緒に、そのリスクが顕在化しないように取り組んでいくものです。リスクマネジメントと現場の負荷低減を両立するために、時には業務の仕組みそのものを見直すこともあります。商品・サービス、事業部の業務をよく理解することが求められますが、非常にやりがいを感じています。

新たなビジネスモデルが生まれる
チャンスが豊富なタイミング

現在のベネッセの法務の仕事にどのようなおもしろさを感じていますか

山原:ベネッセは、顧客への価値提供に情熱を持っている人が多い企業です。誰もが「よいものを作りたい」という想いを強く持っています。その想いを実現するために、法務部として事業部に伴走し、共に課題に向き合い、顧客への価値を提供していくことに大きなやりがいを感じています。

猪狩:ベネッセは現在、事業の中核となる既存事業の変革を行いながら、同時に新規事業や海外展開などの新たな挑戦にも動き出しているタイミングです。こうした変革期には、事業を力強く推進していく事業部と、事業部をガイドし、場合によってはいったんブレーキを踏むこともいとわない法務部などの管理部門とが、お互いの強みを生かしながら足並みを揃えて戦っていく必要があるものと思っています。
法務部としては、事業部の要望に常に応えていればよいわけというではなく、時には法務部がストッパーとなり、事業部門にとって耳が痛いことを臆せず言わなければならないこともあります。どちらの場面においても、大事なことは「事業部にソリューションを提供し、ともに事業を作っていく」という姿勢ではないかと思います。特に、変革期である現在は、そのような姿勢で仕事に臨める方にとっては、ダイナミックな仕事ができるチャンスにあふれているタイミングであるといえると思います。

猪狩 勇人
私にとっての
「はたらく」

仕事は、生活の糧を得るものであることは当然として、社会との接点であり、それを通じて自己実現や社会貢献を果たすことできるものであると思っています。人生の時間の中で仕事は相当の割合を占めるわけですから、事業部への支援を通じて、社会を少しでもよくできたらよいなと考えています。

※塩瀬隆之氏(京都大学総合博物館准教授)が、「はたらく」への考えを深める目的で作ったフレーム。反対語・類義語を考えると「はたらく」の多面性を実感する。また、各三語挙げることで個人の価値観が分かりやすくなる。

山原 和馬
私にとっての
「はたらく」

仕事とプライベートをあまり区別して考えていません。仕事でも趣味でも、「自分にできることは何か?」を考えながら向き合っており、それができた実感があれば、仕事でも趣味でも楽しく感じます。反意語に挙げたのは、そうした思考が働いていない瞬間ですね。

※塩瀬隆之氏(京都大学総合博物館准教授)が、「はたらく」への考えを深める目的で作ったフレーム。反対語・類義語を考えると「はたらく」の多面性を実感する。また、各三語挙げることで個人の価値観が分かりやすくなる。