ベネッセ

「進研ゼミ」を使った個人別指導教室

高校1年生 大谷愛美さん クラスベネッセ千里中央教室
私がクラスベネッセで高校合格できた理由
夢を応援してくれる先生がいる。
先生たちが信じてくれるから、
もっと出来る、絶対合格するって
思い続けられました。
クラスベネッセに入ったきっかけを教えてください。
愛美さん: 部活を優先していて塾に行かずに進研ゼミで取り組んでいたんですが、実力テストの点が下がり「あ、このままじゃマズイ」と自覚したからです…(笑)
Q.志望校は決まっていました?
愛美さん: 英語が好きでもっと伸ばしたく、国際系に強い豊中高校か千里高校を志望していました。
沼本クラスマネージャー: 他校含め第一志望校を決めるにあたって、「必ず見に行くこと」「自分で調べること」を課していました。見て/調べて自分なりにその学校の「良いところ」「合わないと思ったこと」を書き出し整理することで、志望校を多角的に検討することができます。
左から沼本クラスマネージャー、愛美さん、山下コーチ。
「楽しく受験勉強を頑張れました。ありがとうございました!」
Q.豊中か千里。どちらを
第一志望にしたのでしょうか?
愛美さん: ほぼ変わりが無かったのですが、実際に行って見て生徒の雰囲気が合いそうだとより感じたのは千里高校でした。自分で導き出した答えだったから、絶対行きたいと思えました。
山下コーチ: ただ、当時の愛美さんの成績では、合格は厳しい状況だったのは事実です。難しいのは承知のうえでしたが、本人の希望も強く、僕も覚悟を決める想いでした。
Q.具体的にどのように
対策を進めましたか?
愛美さん: 入試問題の難度が高い数学と、 自分では対策しにくい国語を中心に見て もらうことにしました。
山下コーチ: 数学は平均点が4割程度と 非常に難度が高く、ハイレベル問題に目 が行きがちですがまずはベースとなる基 礎固めから。国語は現代文の「抜き出し/書き出し」問題の対策に特化させ、部 分点を取る練習を。理社は知識問題が中 心なため、進研ゼミの〈入試によく出る 基礎〉シリーズの一問一答をくり返し演 習しました。「取れるところでまず確実に取る」練習を重ねていきました。
Q.伸び悩む時期もあったのでは?
愛美さん: 2学期の模試はE判定で、ガッカリしてクラスベネッセに持って行ったんですが、誰からもネガティブなことを言われませんでした。むしろ、山下コーチが「模試は伸ばしどころを見つけるためのもの」だと、次に向けて何を改善したらいいかを1つずつ一緒に確認してくれたのが、すごく励みになりました!
前向きなサポートを
してくれたんですね!
愛美さん: 受験期は周りから「受験生なんだからこれぐらい解けないと…」などと言われ、プレッシャーに感じることも多々ありました。でもクラスベネッセでは上手くいかない時も「大丈夫、ここができたから次もできる」というようにいつも励ましてくれて、とても心強かったです。
高校でも大好きなバスケを続け、近畿大会出場をめざして奮闘中。思い描いていた高校生活を、思う存分謳歌してくださいね!

千里中央教室 山下コーチ

愛美さんのサクセスストーリー
愛美さんの通室スケジュール

トクイの英語以外の教科をクラスベネッセで対策。平日は家で、土曜日はクラスベネッセの自習席を活用して宿題を進めました。

心がけた
指導のポイント

千里中央教室 沼本クラスマネージャー

  • 1

    自分で見て/調べることで

    本当に行きたいと思える高校を見つける

    自分で見て/調べることで

    本当に行きたいと思える高校を

    見つける

  • 2

    模試は判定で一喜一憂せず、分析から改善につげる

    模試は判定で一喜一憂せず、

    分析から改善につげる

  • 3

    愛美さんの合格を
    教室全体で信じ抜き、
    前向きに応援し続ける

    愛美さんの合格を

    教室全体で信じ抜き、

    前向きに応援し続ける

※2019年1月取材時の内容・情報です。

ぜひ無料面談・体験レッスンをご予約ください。

  • 無料体験レッスン