先生方の声

Comment 01

「GTEC」は素材の内容・難易度が高校生にフィットしている。ライティングを海外で採点・添削してくれることや生徒の力の伸びを推移で見られるのが良い。

Comment 02

「GTEC」は、厳選した素材で生活言語を扱っており、生徒に「英語を使う」実感を持たせやすい。スコア型だから生徒が各技能の自分の力を細かく知ることもでき、学習へのモチベーションを維持・向上できる。教員も定点観測ができ、次の展開に生かせる。

Comment 03

実践的英語コミュニケーション能力の定着具合を測るには、絶対評価型のテストがいい。「GTEC」はスコア型だから生徒の力がどれだけ伸びたかわかりやすい。また、生徒の励みになる前向きなメッセージが多い。ライティングのアウトプットの運用力が測れるのはこの検定だけ。

Comment 04

中3~高3まで、シラバスの到達目標に「GTEC」のスコアを活用している。これからの日本の英語教育の到達目標になることを期待している。また大学入試への対策にもなり、級の合否だけの検定では見ることができない英語力の定着具合を確認し、指導に生かせる。

Comment 05

「GTEC」は、学校ではなかなか充実できない速読力測定や実践的なリスニング・ライティングの要件が揃っており、かつ客観的なスコアですから、目標設定にも使えます。

Comment 06

学習の動機づけには、最適の素材と問題内容だ。オーセンティックな英語を実感できるので、学習意欲の向上が図れる。

Comment 07

TOEFLやTOEICでは測定できなかった高校生の真の英語力を、高校生の学習意欲を損なうことなく測定できる。

Comment 08

継続指導に最適。特にライティング指導の指標として活用できるのは、指標のない高校現場には大きな励みになる。

Comment 09

速読,情報検索など、さまざまな英語力を測定できるのが良い。

Comment 10

海外で英語話者が採点するということが、生徒にとっては大きな動機づけになる。

お問い合わせ

「GTEC」に関するお問い合わせは貴校営業担当者までお声掛けください。
活用に関するご相談や資料のご請求等、お気軽にお声掛けください。
また、全国の学校の活用事例はGTEC通信でもご紹介しています。あわせてご覧ください。

「GTEC」では小学生から社会人まで
使える英語力継続的測定できます。

目的・対象年齢によりお選び下さい。
それぞれの検定の違いについては、
こちらをご確認ください。
検定の種類