学習塾・予備校の先生方へ

4技能指導で英語教育力の向上を

BenesseのEnglish Speaking Training(EST)は
4技能指導で英語教育力の向上を実現する
学習塾・予備校向けの1対1オンライン
英会話サービスです。

  • 1

    ESTは学習塾・予備校での
    「英語教育力の向上」を実現します。

    ESTが実現する1対1のSpeaking Trainingは、新学習指導要領で重視している「スピーキング技能の強化」にダイレクトにつながります。読む、書く、聞く、話すという4技能を連携させて指導することは、生徒の英語力を向上させることに非常に効果的 と考えられていますので、今後、小学校における英語授業の開始、都立高校入試のスピーキングテスト導入、大学入学共通テストの英語の問題難化(リスニング量の増加、英問英答化による読解量増加)などを踏まえ、学習塾・予備校での英語指導の強化にスピーキング対策が非常に効果的であると考えられます。

    ESTで提供される1対1のオンラインスピーキングトレーニングを効果的に活用することで、英語指導をさらに強化し、生徒の進路実現の可能性を大きく広げていく事が可能となるのです。

  • 2

    ESTはインターネット環境と、
    スマホ・タブレット・
    パソコンが
    あれば簡単に受講できます。

    ESTの1回のレッスンは25分とコンパクト。よって、授業時間の前後や、あるいは授業時間内の活動として生徒が受講することができます。また、家庭学習として利用することも効果的です。

    塾の教室・校舎内での活用例

    • ・塾のカリキュラムの前や後にESTの時間を設けて指導する
    • ・塾の授業時間内に、ESTの活動時間を設けることで授業と連携する
    • ・自習室などで生徒が好きな時間に受講し、受講管理を行う

    家庭での活用事例

    • ・家庭で受講する宿題として利用し、受講管理や動機付けを授業内で行っていく

    様々な活用事例がありますので、是非ベネッセのスタッフにご相談ください。

  • 3

    高校生だけでなく、
    小学生、中学生もご利用できます。

    ESTは個別レベル設定が可能ですので、小学生や中学生でも活用可能です。むしろ意欲的な小学生や中学生のご家庭にとっては、将来のグローバル化時代を見すえた英語力の向上にもなるESTは非常に魅力的なサービスとなります。

  • 4

    CEFRに対応したレッスンを
    準備。
    貴塾のカリキュラムに
    合わせた講座設計が可能です。

    ESTはCEFRに対応したレッスンをテキストとセットでご準備しています。それぞれ学習レベルや到達目標、学習内容や単語レベルなどは当然違っており、生徒様のレベルと、貴塾のカリキュラムに合わせて活用が可能です。

    例えば、貴塾の英語授業回数が年間48回であった場合、ESTのレッスンの中からレベルにあわせた48回分のレッスンをセレクトし、貴塾のカリキュラムに合わせて生徒様に受講促進するなどの活動が可能なのです。

  • 5

    ESTは貴塾のカリキュラムの
    1つとして、
    ホームページやチラシ
    で広告にご活用頂けます。

    ESTはベネッセコーポレーションが提供するサービスですが、あくまで生徒様に授業をご提供するのは貴塾となります。生徒様には、貴塾のカリキュラムを補強するサービスであり、貴塾のカリキュラムに組み込まれた内容であるとぜひご紹介ください。ESTは貴塾のカリキュラムをサポートし、生徒様の英語力向上を実現するサービスでありたいと考えております。

  • 6

    テキストの音声を利用した
    リスニング対策も可能です。

    ESTのレッスンテキスト付属のネイティブの英語音声をリスニング対策としてご利用いただけます。

    テキストの英語音声をディクテーションすることで細部まで正しく聞く力を培えること、複数の講師とレッスンで話すことで、多様な英語に対応する力を養えること、等の様々な角度からのアプローチでリスニング力を養成します。

ページトップへ