benesse

小学校の英語教育の変化!
小学生が「使える英語」を身につけるためには?

2020年度から全面実施されている新学習指導要領により、小学校でも外国語活動や英語の授業が始まっています。小学生向けの英語教材や教室も数多く登場し、どんな英語学習がお子さんのためになるのか悩んでいる保護者の方も多いのではないでしょうか?小学生の英語の内容やおすすめの学習法、英語の習い事に関する費用をご紹介します。

英語学習が変わったのは小学生だけではない?

小学生の英語学習が変化したのは、中学生・高校生の英語教育に変化があったためです。そこでまずは、中学生・高校生の英語教育がどのように変化したのかを確認してみましょう。

中学生の英語教育の変化

中学生では、小学校の学習を踏まえつつ「自分で考えて伝えること」や「対話的な活動」が加わります。
● 1,200語程度だった英単語が1,600〜1,800語に増える
● 授業は基本的にオールイングリッシュ
このように、これまでの英語学習よりも、さらに実用的な英語を学ぶ必要があるのです。

高校生の英語教育の変化

高校生では、小・中学校で学んできたことを生かしながら、新たに1,800〜2,500語ほど学びます。さらに「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能を駆使し、英語で発信することやコミュニケーションを取るための学びを行うのです。小・中学校での学びをベースとしているため、高校入試でスピーキングテストを行う学校もあり、早い段階での英語教育の必要性が重視されています。

このように、中学・高校の英語教育は大きく変化しています。その変化に対応できる基礎を作るために、小学生の英語教育も変化したのです。

小学生が「使える英語」を身につけるための学習法

これまでの小学校の英語は、「聞く」「話す」が中心でしたが、教科化されたことで「読む」「書く」の学習も加わりました。つまり英語をきちんと習得するのに必要とされる「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能の学習が必要となるのです。

将来的に使える英語を身につけるため、特に重要になるのが「習得が難しい」英語を「話す」ことに慣れることです。

「話す」力を習得するには、英語らしい発音やイントネーション、リズムをまねて、自分で声に出してみることが最初の一歩。

自分が言いたいことを考えて、必要な単語や表現を組み合わせて声に出す。これを何度もくり返すことで「話す」力が身についていくのです。
英語で話すことに自然と慣れて、単語や表現も話しながら身につけていくのが理想的です。また英語を「話す」力を身につけるには、英会話が楽しめる機会を増やすのも効果的でしょう。

英語の家庭学習のポイントとは

小学生のお子さんには、一人で英語を勉強するのは難しいもの。そこで、保護者の方と一緒に楽しみながら勉強することで、お子さんの英語上達へとつながります。
親子でできる英語の家庭学習のポイントについて見ていきましょう。

親子でできる家庭学習のポイント

保護者の方がお子さんの学習をサポートするには、とにかく親子で一緒に楽しめる方法を探すことが何より効果的です。たとえば歌やダンスが好きなお子さんであれば洋楽をすすめてみたり、アニメが好きなお子さんであれば英語の吹き替えがついているアニメを一緒に観てみたりすることで、自ら英語に親しむようになるでしょう。

また、学校で学んだことを話してもらうようにするのも有効です。たとえば学校で学んだ英単語やフレーズを使って、自分の考えや身の回りの出来事を話してもらいましょう。お子さんは英語を話す機会が増えて英会話力が強化されますし、「〇〇って英語でどう言えばいいんだろう?」と英語への興味関心を高めることができます。

また英語をあまり話せなかったり、英語に苦手意識のある保護者の方も多いのではないでしょうか。そんな方は、お子さんと小学校の英語の教科書や教材を一緒に見てみたり、「学校でどんなことを学んだの?」と学んだ英語をお子さんから教えてもらったりする方法がおすすめです。親子の会話も増えますし、保護者の方が英語の授業について様々な質問をすることで、お子さんの英語学習への興味関心をさらに育てることができるでしょう。

このように、保護者の方の工夫次第で、お子さんの英語への興味関心はさらに高めることができます。親子で一緒に、英語を楽しく学べる方法を探してみてください。

小学生の英語の習い事にかかる費用はどのくらい?

お子さんの英語の力を伸ばすために、英会話スクールやオンライン英会話の活用を検討しているご家庭も多いようです。それでは小学生が学校外で英語の習い事をする場合、どのくらいの費用がかかるのでしょうか。
(出展:https://benesse.jp/kyouiku/202102/20210216-1.html

英会話スクールの子ども向けレッスンや小学生向けの英語塾の費用

レッスン1回あたりの料金は約1,700~5,000円、月額では6,500~2万円ほどになることが多いようです。月に何回レッスンがあるか、講師が日本人か外国人か、マンツーマンレッスンかグループレッスンかなどの条件によって、料金に差が出ます。

子ども向けのオンライン英会話の費用

月に何回レッスンがあるかによって価格帯が違ってきます。月に2~5回のレッスンがある場合は月額で約2,000~1万円ほど、月に15レッスン以上ある場合は月額で約6,000~2万円ほどになることが多いようです。

スクールによってレッスンのレベルやカリキュラムにも大きな差があるため、内容に見合った料金がどうか、よく確認しましょう。また、レッスンの料金以外に、入会金・年会費・教材費などが別途必要になる場合もあるため、あわせてよく確認する必要があります。

どのような学習方法を選ぶかによっても変わってはきますが、英語を「話す」力を伸ばしたくても、英会話が学べるスクールはやはり費用がかさみがち。そこで、追加受講費0円で英語4技能をお子さんに合ったレベルから英検®準1級相当レベルまで伸ばせる「進研ゼミ小学講座」がおすすめです。

※英検®は、公益財団法人 日本英語検定協会の登録商標です。

英語力を伸ばしたいなら「進研ゼミ小学講座」がおすすめ!

「進研ゼミ小学講座」の英語は授業対策ができる教材に加えて、お子さま一人ひとりの習熟度に合わせて英語力を伸ばしていける〈Challenge English〉が用意されています。タブレットやパソコン、専用タブレット〈チャレンジタッチ〉で利用できるオンライン中心の教材で、小学生の英語学習におすすめです。

家にいながら、英語を「話す」実践力が身につけられる!

まずは「英語で話す」ことをスタートラインに、AIキャラとの会話を通じて英語で話すことの抵抗感をなくし、英語を話したくなる意欲を高めることができます。授業で習った単語や表現を使ってAIと会話を重ねることで、お子さんの「話す」力を伸ばします。きれいな発音の英語を聞きながらクイズ感覚で取り組むことができるので、楽しく英語を学ぶことができます。

※テーマや場面設定に合わせて、習得していただきたい表現を用いながら英語で会話を進められることを目的に、独自の設計に従って会話が進行すること、またお子さまの発話内容の判別をしていることを「AI」と表現しております。機械学習による自由会話のような仕組みではございません。

英語の4技能を伸ばすレッスンを、自分の習熟度に合わせて取り組み放題!

〈Challenge English〉では、「聞く」「話す」「読む」「書く」英語4技能を伸ばすレッスンがあります。パソコン・タブレット・専用タブレットでいつでもどこでも自由に取り組めるので、英語4技能をバランスよく学ぶことができるのが特徴です。

英語が得意なお子さんは、学年を超えてどんどん先のレベルまで、英語が苦手なお子さんは優しいレベルからと、お子さんの習熟度にあわせて英語力を磨けます。

追加受講費0円で、4教科だけでなくプログラミングなども学ぶことができる!

〈Challenge English〉は進研ゼミ小学講座に追加受講費0円で提供。そのため、英語以外の国語・算数・理科・社会の4教科の教材にも取り組むことができます。
さらに、英語と同様に2020年度から必修化されている「プログラミング」についても、追加の受講費がかからずに受講可能です。

「進研ゼミ小学講座」で、「話す」を通して英語4技能をバランスよく伸ばそう!

学校でも2020年度から、小学生の英語教育が本格的に始まりました。英語学習のスタートラインで重視したいのは、英語を口に出してみること、話しながら英語に慣れること、そして何よりも「英語を使うことは楽しい」と感じるような経験をさせることです。

学校外で英語学習の機会を検討するときによくあるお悩みは、費用がかさみがちなこと。その点、「進研ゼミ小学講座」であれば追加受講費0円で英語学習を始めることができます。

小学生の英語力を伸ばしたいと考えているのであれば、英語を「話す」ことを入り口に、英語4技能をバランスよく伸ばすことができる「進研ゼミ小学講座」の英語を、ぜひ試してみてください。

※ここでご紹介している教材・サービスは2022年1月現在の情報です。教材ラインナップ・デザイン・名称・内容・お届け月などは変わることがあります。

記事一覧へ戻る

しまじろうと一緒に豊かな体験を育む0~6歳向け幼児教育教材。専門家監修の発達にあった教材を始めやすい受講費でお届け。幼児期に身に着けたい豊富なテーマに取り組める充実の教材セットで、お子さまの学びが広がります。

国・算・理・社の授業対策に加え、受講費内で英語・プログラミング・実力診断テスト・赤ペン先生の個別指導・オンラインライブ授業・約1000冊電子書籍など、勉強が楽しくなり、学力向上が目指せます。

中学生利用者数No.1!「日々の授業対策」や「5教科+実技4教科の定期テスト対策」から「高校受験対策」まで取り組めます。充実したサポート体制で、ひとりでもスムーズに学習ができます。

高校別×レベル別の「厳選テキスト」と1回約5分の「スマホ学習」の効率学習で大学合格までサポート。オンライン授業や自習室で質問できるので「わからない」を解消でき、ひとりでも学習のやる気が続きます。

小学校の英語教育の変化! 小学生が「使える英語」を身につけるためには? | ベネッセコーポレーション
benesse

小学校の英語教育の変化!
小学生が「使える英語」を身につけるためには?

2020年度から全面実施されている新学習指導要領により、小学校でも外国語活動や英語の授業が始まっています。小学生向けの英語教材や教室も数多く登場し、どんな英語学習がお子さんのためになるのか悩んでいる保護者の方も多いのではないでしょうか?小学生の英語の内容やおすすめの学習法、英語の習い事に関する費用をご紹介します。

英語学習が変わったのは小学生だけではない?

小学生の英語学習が変化したのは、中学生・高校生の英語教育に変化があったためです。そこでまずは、中学生・高校生の英語教育がどのように変化したのかを確認してみましょう。

中学生の英語教育の変化

中学生では、小学校の学習を踏まえつつ「自分で考えて伝えること」や「対話的な活動」が加わります。
● 1,200語程度だった英単語が1,600〜1,800語に増える
● 授業は基本的にオールイングリッシュ
このように、これまでの英語学習よりも、さらに実用的な英語を学ぶ必要があるのです。

高校生の英語教育の変化

高校生では、小・中学校で学んできたことを生かしながら、新たに1,800〜2,500語ほど学びます。さらに「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能を駆使し、英語で発信することやコミュニケーションを取るための学びを行うのです。小・中学校での学びをベースとしているため、高校入試でスピーキングテストを行う学校もあり、早い段階での英語教育の必要性が重視されています。

このように、中学・高校の英語教育は大きく変化しています。その変化に対応できる基礎を作るために、小学生の英語教育も変化したのです。

小学生が「使える英語」を身につけるための学習法

これまでの小学校の英語は、「聞く」「話す」が中心でしたが、教科化されたことで「読む」「書く」の学習も加わりました。つまり英語をきちんと習得するのに必要とされる「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能の学習が必要となるのです。

将来的に使える英語を身につけるため、特に重要になるのが「習得が難しい」英語を「話す」ことに慣れることです。

「話す」力を習得するには、英語らしい発音やイントネーション、リズムをまねて、自分で声に出してみることが最初の一歩。

自分が言いたいことを考えて、必要な単語や表現を組み合わせて声に出す。これを何度もくり返すことで「話す」力が身についていくのです。
英語で話すことに自然と慣れて、単語や表現も話しながら身につけていくのが理想的です。また英語を「話す」力を身につけるには、英会話が楽しめる機会を増やすのも効果的でしょう。

英語の家庭学習のポイントとは

小学生のお子さんには、一人で英語を勉強するのは難しいもの。そこで、保護者の方と一緒に楽しみながら勉強することで、お子さんの英語上達へとつながります。
親子でできる英語の家庭学習のポイントについて見ていきましょう。

親子でできる家庭学習のポイント

保護者の方がお子さんの学習をサポートするには、とにかく親子で一緒に楽しめる方法を探すことが何より効果的です。たとえば歌やダンスが好きなお子さんであれば洋楽をすすめてみたり、アニメが好きなお子さんであれば英語の吹き替えがついているアニメを一緒に観てみたりすることで、自ら英語に親しむようになるでしょう。

また、学校で学んだことを話してもらうようにするのも有効です。たとえば学校で学んだ英単語やフレーズを使って、自分の考えや身の回りの出来事を話してもらいましょう。お子さんは英語を話す機会が増えて英会話力が強化されますし、「〇〇って英語でどう言えばいいんだろう?」と英語への興味関心を高めることができます。

また英語をあまり話せなかったり、英語に苦手意識のある保護者の方も多いのではないでしょうか。そんな方は、お子さんと小学校の英語の教科書や教材を一緒に見てみたり、「学校でどんなことを学んだの?」と学んだ英語をお子さんから教えてもらったりする方法がおすすめです。親子の会話も増えますし、保護者の方が英語の授業について様々な質問をすることで、お子さんの英語学習への興味関心をさらに育てることができるでしょう。

このように、保護者の方の工夫次第で、お子さんの英語への興味関心はさらに高めることができます。親子で一緒に、英語を楽しく学べる方法を探してみてください。

小学生の英語の習い事にかかる費用はどのくらい?

お子さんの英語の力を伸ばすために、英会話スクールやオンライン英会話の活用を検討しているご家庭も多いようです。それでは小学生が学校外で英語の習い事をする場合、どのくらいの費用がかかるのでしょうか。

英会話スクールの子ども向けレッスンや小学生向けの英語塾の費用

レッスン1回あたりの料金は約1,700~5,000円、月額では6,500~2万円ほどになることが多いようです。月に何回レッスンがあるか、講師が日本人か外国人か、マンツーマンレッスンかグループレッスンかなどの条件によって、料金に差が出ます。

子ども向けのオンライン英会話の費用

月に何回レッスンがあるかによって価格帯が違ってきます。月に2~5回のレッスンがある場合は月額で約2,000~1万円ほど、月に15レッスン以上ある場合は月額で約6,000~2万円ほどになることが多いようです。

スクールによってレッスンのレベルやカリキュラムにも大きな差があるため、内容に見合った料金がどうか、よく確認しましょう。また、レッスンの料金以外に、入会金・年会費・教材費などが別途必要になる場合もあるため、あわせてよく確認する必要があります。

どのような学習方法を選ぶかによっても変わってはきますが、英語を「話す」力を伸ばしたくても、英会話が学べるスクールはやはり費用がかさみがち。そこで、追加受講費0円で英語4技能をお子さんに合ったレベルから英検®準1級相当レベルまで伸ばせる「進研ゼミ小学講座」がおすすめです。

※英検®は、公益財団法人 日本英語検定協会の登録商標です。

英語力を伸ばしたいなら「進研ゼミ小学講座」がおすすめ!

「進研ゼミ小学講座」の英語は授業対策ができる教材に加えて、お子さま一人ひとりの習熟度に合わせて英語力を伸ばしていける〈Challenge English〉が用意されています。タブレットやパソコン、専用タブレット〈チャレンジタッチ〉で利用できるオンライン中心の教材で、小学生の英語学習におすすめです。

家にいながら、英語を「話す」実践力が身につけられる!

まずは「英語で話す」ことをスタートラインに、AIキャラとの会話を通じて英語で話すことの抵抗感をなくし、英語を話したくなる意欲を高めることができます。授業で習った単語や表現を使ってAIと会話を重ねることで、お子さんの「話す」力を伸ばします。きれいな発音の英語を聞きながらクイズ感覚で取り組むことができるので、楽しく英語を学ぶことができます。

※テーマや場面設定に合わせて、習得していただきたい表現を用いながら英語で会話を進められることを目的に、独自の設計に従って会話が進行すること、またお子さまの発話内容の判別をしていることを「AI」と表現しております。機械学習による自由会話のような仕組みではございません。

英語の4技能を伸ばすレッスンを、自分の習熟度に合わせて取り組み放題!

〈Challenge English〉では、「聞く」「話す」「読む」「書く」英語4技能を伸ばすレッスンがあります。パソコン・タブレット・専用タブレットでいつでもどこでも自由に取り組めるので、英語4技能をバランスよく学ぶことができるのが特徴です。

英語が得意なお子さんは、学年を超えてどんどん先のレベルまで、英語が苦手なお子さんは優しいレベルからと、お子さんの習熟度にあわせて英語力を磨けます。

追加受講費0円で、4教科だけでなくプログラミングなども学ぶことができる!

〈Challenge English〉は進研ゼミ小学講座に追加受講費0円で提供。そのため、英語以外の国語・算数・理科・社会の4教科の教材にも取り組むことができます。
さらに、英語と同様に2020年度から必修化されている「プログラミング」についても、追加の受講費がかからずに受講可能です。

「進研ゼミ小学講座」で、「話す」を通して英語4技能をバランスよく伸ばそう!

学校でも2020年度から、小学生の英語教育が本格的に始まりました。英語学習のスタートラインで重視したいのは、英語を口に出してみること、話しながら英語に慣れること、そして何よりも「英語を使うことは楽しい」と感じるような経験をさせることです。

学校外で英語学習の機会を検討するときによくあるお悩みは、費用がかさみがちなこと。その点、「進研ゼミ小学講座」であれば追加受講費0円で英語学習を始めることができます。

小学生の英語力を伸ばしたいと考えているのであれば、英語を「話す」ことを入り口に、英語4技能をバランスよく伸ばすことができる「進研ゼミ小学講座」の英語を、ぜひ試してみてください。

※ここでご紹介している教材・サービスは2022年1月現在の情報です。教材ラインナップ・デザイン・名称・内容・お届け月などは変わることがあります。

記事一覧へ戻る

しまじろうと一緒に豊かな体験を育む0~6歳向け幼児教育教材。専門家監修の発達にあった教材を始めやすい受講費でお届け。幼児期に身に着けたい豊富なテーマに取り組める充実の教材セットで、お子さまの学びが広がります。

国・算・理・社の授業対策に加え、受講費内で英語・プログラミング・実力診断テスト・赤ペン先生の個別指導・オンラインライブ授業・約1000冊電子書籍など、勉強が楽しくなり、学力向上が目指せます。

中学生利用者数No.1!「日々の授業対策」や「5教科+実技4教科の定期テスト対策」から「高校受験対策」まで取り組めます。充実したサポート体制で、ひとりでもスムーズに学習ができます。

高校別×レベル別の「厳選テキスト」と1回約5分の「スマホ学習」の効率学習で大学合格までサポート。オンライン授業や自習室で質問できるので「わからない」を解消でき、ひとりでも学習のやる気が続きます。