ベネッセ・ロジスティクス・センター(自社配送センター)での環境活動

ベネッセ・ロジスティクス・センターのCO2削減活動

屋根に太陽光パネルを設置
2010年に、主力の物流拠点であるベネッセ・ロジスティクス・センター(岡山県瀬戸内市)の建物の屋根に、太陽光電池パネルを設置しました。0.9m×1.5mの大きさのパネルを3,456枚設置し、同センターの建物の約1/3の電力をまかなっています。これは、年間220トンのC02削減になり、4人家族で換算すると年間約400軒分のCO2排出量の削減に相当します。
(データは地球温暖化防止センター調べ)
空調設備に人感センサーを導入
2014年に第一期の空調設備の更新を行いました。人の動きによって空調のオン・オフが自動的に行われるセンサーが導入されました。
また、この工事によってセンター内での重油使用がなくなりました。重油は有限な化石燃料であり、また定期的に補充が必要です。そのため注油時や保管などに、周囲の環境に対する細心の配慮が必要でした。
次年度に第二期工事が予定されています。これが終了すると、2005年比で年間CO2排出量を60%に抑え込むくらいの規模でのCO2削減が期待されています。