進むグローバル化に向けて日本の教育が変わる

2020年 教育改革
求められる英語力が
大きく変化

学校では、語彙や文法などの知識の習得だけでなく、
「話す」「書く」を重視した授業が行われます。
大学入試では4技能が評価され、「GTEC」や英検®などの資格・検定試験が活用されます。

英語力を身につけるには

毎日英語に触れる時間が必要
英語の習得には2,000〜3,000時間が必要と言われています。授業に加えてしっかり英語にふれる時間が必要です。
英語を「使う」学習が必要
知識の習得とともに「書く」「話す」等のアウトプットが不可欠です。覚えた英語を「使う」機会を増やす必要があります。

2019年4月<進研ゼミ>から
学年を超えて学べる
『必話式』習熟度別トレーニング 新登場

習熟度別

『学校の授業理解』に
『習熟度別の学び』をプラス!

自宅学習

自宅学習なので英語に
たっぷりふれられる。

英語4技能

『英語4技能』
検定対策に活かせる。

進研ゼミはどう変わるのか。

『学校の授業理解』に
『習熟度別の学び』をプラス!

教科×習熟度別

お子さまの習熟度にあわせて学習を進められる
『12段階習熟度別トレーニング』が新登場。

基礎から高校卒業レベルまで、『学年を超えて』英語力を伸ばせます。

[+] レベルの図について[-] 閉じる

※Level.12は2020年に向けて開発中です。

※ここで示している到達レベルは学校授業での知識・技能の習得と4技能の学習が並行して行われていることを前提に「進研ゼミ」の習熟度別レッスン(デジタルレッスン)と合わせて有料オプション<マンツーマントーク>をご受講いただいた場合の、4技能トータルの到達レベルを示したものです。

※CEFR(セファール)とは欧州評議会によって作成された各々の地域における言語能力を示す枠組みのことであり、国際的な指標としても広く使われ、多くの主要言語試験は能力記述文(CAN-DO)と対照させレベルづけ等をしています。2020年度からの大学入学共通テストでも活用され、入試での選抜基準として想定される指標です。

自宅学習なので英語に
たっぷりふれられる。

自宅でたっぷり

「聞く」「読む」「話す」「書く」の4技能の
レッスンが追加受講費不要で取組放題。

自宅学習だから毎日英語にふれることができます。

「GTEC」「英検®」などの
入試に向けた
英語4技能検定対策もできる。

聞く
読む
話す
書く

総合的な英語力を問われる
各種検定の出題傾向に
対応したカリキュラム。

4技能
オンライン
テスト

さらに年1回の実力診断テスト
進研ゼミ受講生なら追加受講費不要

「GTEC」

1,190点相当の力が目指せる

英検®

準1級相当の力が目指せる

※Level.12は2020年に向けて開発中です。

※学校授業での知識・技能の習得と4技能の学習が並行して行われていることを前提に「進研ゼミ」の習熟度別レッスン(デジタルレッスン)と合わせて有料オプション<マンツーマントーク>をご受講いただいた場合の到達レベルです。

※「GTEC」は、株式会社ベネッセコーポレーションの登録商標です。

※英検®は、公益財団法人 日本英語検定協会の登録商標です。このコンテンツは、公益財団法人 日本英語検定協会の承認や推奨、その他の検討を受けたものではありません。

学びはじめでも、ステップアップでも、
むりなく続けられる
最適なプログラム。

program

学習スタートの前に

習熟度診断

まずはレベルチェックテストで習熟度を診断。
自分の英語レベルを測定することで実力に合わせたレッスンからスタートできるのでつまずかず取り組めます。

4技能のデジタルレッスン

習熟度別レッスン

習熟度に合わせ、『聞く』『読む』『話す』『書く』の4技能すべてを学べます。”演習”と”実践”で力が身につくのを感じながら着実にレベルUPを目指します。

検定、目標に合わせた対策

検定対策

本番形式での演習や、目指す検定の特徴やレベルに合った対策ができるので、自信を持って検定受検ができます。

学習の到達確認やペースメイクができる

目標・学習履歴管理

習熟度と目標に合わせて取り組みのペースをご提案します。取り組みペースに対しての進捗が表示されるので、ペースを意識して学習を行うことができます。

年1回小中学生対象

4技能オンラインテスト

日々のレッスンで伸ばしてきた英語力は、年1回の「4技能オンラインテスト」で確認ができます。自分の成長が客観的にわかるから、やる気が続きます。

もっと実力を伸ばしたい!
スピーキングの対策がしたい!
そんな方には
有料
オプション
マンツーマントーク
外国人講師とのオンラインレッスンで『話す』力を実践で高めていきます。日本人の学びを熟知した先生なので、はじめてでも安心して受講できます。

2001年から蓄積してきた
英語教育のノウハウ・実績を集約

ご家庭で「使える英語力」を育む教材を、2001年からオプション教材として提供。
そのノウハウを組み込み、進研ゼミの英語学習が進化します。

過去の教材においても、たくさんの方に効果を実感いただいています。

<小学生の場合>

偀語に親しみが持ってた96.4%
偀語を聞く力が身についた77.2%
[+] 算出根拠[-] 閉じる

2018年10月「進研ゼミオプション講座<Challenge English>についての調査」より。<Challenge English>受講生で教材を「とても、まあ活用した」と回答した会員のうち、会員の保護者が設問に対して「とても、まあそう思う」と回答した割合。2019年4月より、内容をさらに強化した<Challenge English>のうち、「デジタルレッスン」が「進研ゼミ」に導入されます。「オンライン会話レッスン」は有料オプション<マンツーマントーク>となります。

<中学生・高校生の場合>

偀語の力が身についた87.4%
自分のレベルにあった学習ができる86.7%
[+] 算出根拠[-] 閉じる

2018年10月「進研ゼミオプション講座<Challenge English中高4技能クラス>についての調査」より。<Challenge English中高4技能クラス>の教材を「とても、まあ活用した」と回答した会員のうち、設問に対して「とても、まあそう思う」と回答した割合。 2019年4月より、内容をさらに強化した<Challenge English>のうち、「デジタルレッスン」が「進研ゼミ」に導入されます。 「オンライン会話レッスン(ライブ授業付)」は有料オプション<マンツーマントーク>となります。

ご自宅のデバイスで手軽に使える

タブレット PC チャレンジパッド

「習熟度別トレーニング」「4技能オンラインテスト」は、標準動作環境を満たしたPC、デバイス、または「チャレンジパッド」など、ご自宅の環境に合わせてご利用いただけます。

2019年春にいよいよスタート。
公式LINE最新情報をお届け。

進研ゼミ公式LINE
友だち登録はこちら