ベネッセ

「進研ゼミ」を使った個人別指導教室

中学2年生 木原淑乃さん クラスベネッセ下井草教室
私がクラスベネッセでできるようになったこと
思うように伸びない時は
やり方を変えてみることが大切。
テストの対策方法を一新したことで、
得点アップできました。
クラスベネッセに入ったきっかけを教えてください。
淑乃さん: テスト勉強はしているけどなかなか点数が伸びず、でも自分では何がダメなのかよくわかりませんでした。周りが塾に行き始めて焦りもあり、でも集団形式の塾だと質問できる自信がなくて…
浦川クラスマネージャー: こレッスンの様子を見ても理解力・飲み込みも早いほうでした。ですが直近のテストを見ると、基本的な用語から応用問題までポツポツと間違いがありました。まずは失点原因の分析から始めていきました。
Q.どのように分析したのですか?
淑乃さん: 市川コーチと直近のテストをもとに、「何をどう間違えて、どう対策していたのか」を洗い出していきました。

市川コーチ: まず「基本用語」ですが、書けているところと空欄の格差が激しい淑乃さん。テスト前に授業のノートを見返し確認した分は完ペキでした。テストの出題傾向を見ると、実際は「教科書の太字部分」から殆どが出ていて、板書していないところも出題されていました。

「下井草教室の先生たちはとても質問しやすいです!」と木原さん。自習席利用時も積極的に質問に行くようにしているそうです。
「基本用語は教科書で対策」する必要があったんですね。
市川コーチ: 一方応用問題では、特に初見の問題だと解き方が思い浮かばなくて歯が立たないことも。どの教材をやるべきだったのかを確認したら、チャレンジの〈定期テスト 厳選予想問題集〉に近い問題が載っていることがわかりました。
応用問題は〈厳選予想問題集〉で対策できる…!
市川コーチ: はい。「基本用語は教科書で、応用問題はチャレンジで」と整理し、それぞれ単元ごとに優先順位を考慮した学習計画を立てました。

淑乃さん: どの教材をどう使えばいいかわかり、テスト勉強もスムーズに進みました。次のテストで目標点を越えることができ、嬉しかったです!

やった分、ちゃんと成果に
つながったんですね!

淑乃さん: はい、頑張れば私はできる!って思えるようになりました。

市川コーチ: 最近は自分から「さかのぼりがしたい」とリクエストしてくれるようになり、単元理解を固めきりたいという前向きな姿勢も感じます。私もレッスンに気合いが入ります!

生徒一人ひとりの、やりたいことや目標に合わせてレッスンを
工夫しているんですね。
淑乃さん: 下井草教室は相談も質問もしやすいから、心強いです!

市川コーチ: 来年の受験を意識した勉強も少しずつですが始めています。これからも一緒に頑張ろうね!

クラスベネッセには「生徒のためには何でもしたい!」というアツい…時には暑苦しい?コーチもいます。(笑) これからも淑乃さんのために全力を尽くします!

下井草教室 市川コーチ

淑乃さんのサクセスストーリー
淑乃さんの通室スケジュール

レッスンは週2回ですが自習席もよく利用します。レッスン受講科目以外も進め方を相談しながら取り組むようにしています。

心がけた
指導のポイント

下井草教室 浦川クラスマネージャー

  • 1

    「何をどう間違え、どう対策すべきか」を整理し、

    打ち手を明確にする

    「何をどう間違え、どう対策

    すべきか」を整理し、打ち手を

    明確にする

  • 2

    対策に優先順位をつけ、

    日々進捗確認・計画を微調整するなどサポート

    対策に優先順位をつけ、日々

    進捗確認・計画を微調整する

    などサポート

  • 3

    「できた!」という達成感を、

    次の目標につなげられるようにする

    「できた!」という達成感を、

    次の目標につなげられる

    ようにする

※2019年1月取材時の内容・情報です。

ぜひ無料面談・体験レッスンをご予約ください。

  • 無料体験レッスン