Listening Reading Writing Speaking

「GTEC」とは?

Listening(聞く)Reading(読む)に加え、
Writing(書く)Speaking(話す)
4技能全てを測定できるオンラインテストです。

能力測定のみにとどまらず、
測定結果から今後の学習方針を明確にします。
1999年のリリース以来20年、ビジネスシーンで
使える「真の英語力」を伸ばすことを
追求し続けています。

「GTEC」は
社会人向け以外にも3種類

目的・対象年齢によりお選び下さい。

グローバル展開に向けて
このようなことで
お困りではありませんか?

  • 会社全体の英語力を底上げしたいが、どこから手を付けて良いのかわからない。
  • 将来的に海外支社を任せられる人材が欲しいので、英語を話せる人材を採用したい。
  • 海外出張を任せる社員の選定を、従来のListening・Readingの2技能テストの結果だけで選抜していいのか不安
  • 会社全体として社員の英語力向上を目指しているが、テストの拘束時間が長く、本業務に支障をきたしている。
  • 各社員の英語力の推移を多角的にチェックしているが、複数テストで実施しているためデータが散逸している

「GTEC」は、
個人の英語能力を
正確に測定し、
成長を促進するテストです。

「GTEC」の
4つの特長

Listening Reading Writing Speaking
01

オンラインで
4技能が測定可能

「聞く」「読む」はもちろん「書く」「話す」を含めた4技能を1つのテストで測定可能です。
総合的なコミュニケーション能力を測定します。

「GTEC」 Listening出題項目問題難易度推移
02

短時間で正確に測定可能

CAT方式の採点により短時間(50分) で4技能が測定可能です。受検者の能力レベルに対応する出題方式とビジネスシーンを想定した出題内容で実践的な英語力を正確に測定します。

※ CAT・・・・Computer-adaptive Testing
受検者の能力、正解、不正解の回答状況に合わせて、出題される問題の難易度が変わります。

レポート
03

詳細なスコアレポート

詳細なスコアレポートで現在の英語力を正確に把握できます。また、現在の英語能力測定のみでなく、過去の受検結果との比較も可能です。蓄積したデータをもとに、今後の学習方針を明確にします。

2技能に絞ることも可能
04

2技能の測定も可能

従来型テストの2技能(Listening、Reading) のみの測定も可能です。各自のPCで受検でき、約30分という短時間で精度の高い測定を実現します。
また、ListeningとSpeakingの2技能の受検も可能です。

活用事例

採用・育成における
様々なシーンで活用できます。

管理者 受検者の登録 受検者スコアの閲覧も可能 受検案内メール 受検者

管理者の負担を最小限に抑えた運用を実現!

  • 会場手配、用紙配布、試験官のアサインが不要。
  • 管理画面上からCSV で結果の出力もできるため、スコア結果の分析も簡単。
  • 受検者各自でスコアレポートの確認が可能

※スコアを受検者に対し非公開設定にすることも可能

※Listening、Readingは即時、Writing、Speakingは約10日後に確認可能

「GTEC」を導入することで、
英語テストに関する問題が
解決します!

導入前 導入後

オンラインテストだから、
受検者の負担も削減できます。

社内でも 自宅でも

PCがあれば、社内でも自宅でも受検が可能!

紙のテストと異なり、一定の期間内に、各自が任意のタイミングで受検することができます。

  • 業務終了後にゆっくり受検ができる
  • 出張・外出が多い社員も受検しやすい

ご利用者様の声

導入企業様からたくさんの喜びの声をいただいております。
今回はその一部をご紹介いたします。

  • 4技能まとめて試験できて楽です!

    オンラインで4技能を一度に受検することが可能という点を評価しています。以前は、TOEIC®を採用していましたが、スピーキングは別途テストを受検してもらい、2種類のテストを併用していました。

  • 社員の自発的な英語力向上に
    役立っています。

    「GTEC」のスコアレポートは技能ごとに次の学習指針が明確になりますので、社員の自発的な英語力向上に役立っていると感じています。

  • 詳細なスコアレポートで弱点把握。

    「GTEC」は4技能それぞれの能力について、受検者自身がオンラインでスコアレポートが確認でき、技能ごとの課題や弱点を把握できます。社員が主体的にキャリアを考えるきっかけになっています。

  • 地方勤務社員の受検負荷を削減。

    首都圏以外の拠点で勤務している受検者からは、試験会場への移動時間の削減や自分の時間の中で受検できるといった、時間に関するメリットを感じているという声をよく耳にします。

800を超える導入実績

商品ラインナップ・価格表

表

※ OFFICIAL SCORE CERTIFICATE が発行される、「GTEC」Business公開会場版は、料金・受検時間・受検場所が異なります。 詳しくはお問い合わせください。

※ 受検人数によって、採点後返却日が前後する可能性がございます。

スコアレポート

受検結果を詳細に分析したスコアレポートで、現在の実力を正確に把握できます。
今後の学習指針を明確にすることが可能です。

  • 4技能比較グラフ

    レーダーチャートで直感的に強化ポイントが確認できます。

  • 技能別レベル判定

    「CAN DO」リストによる技能別レベル判定で自分の実力が把握できます。

  • Writing・Speaking
    スキルレベル

    各項目をレベル判定。アウトプット能力の強み・弱みを正確に把握し、効果的な学習指針の立案を可能にします。

  • Writing・Speaking評価

    受検者のレベルに応じた詳細なコメントを記載。
    ビジネスに求められるアウトプット能力がより正確に把握できます。

お申込みの流れ

  • 窓口へのご連絡

    01

    お電話(03-5909-5860)またはお問い合わせフォームにてご連絡ください。お申込みに必要な手続き・準備についてご案内させていただきます。

  • 「GTEC」
    申込書手続き

    02

    「「GTEC」サービス利用申込書」にご記入・ご捺印の上、ご返送ください。また、「テスト申込書(Excel)」にて実施期間や人数など詳細な個別試験の実施概要をご設定ください。
    システム登録が完了次第、メールでご連絡いたします。

  • 管理画面の操作

    03

    システム登録完了後、管理画面から受検者の情報を登録すると受検ができるようになります。

お問い合わせいただいてから受検ができるようになるまで、
およそ1週間程度のお時間をいただきます。

受検準備等で不明点がございましたら
お気軽にご相談ください。

よくあるご質問

「GTEC」のテストはどのような構成になっているのですか。
「GTEC」ではListening、Reading、Writing、Speaking の4技能を測定し、各技能ともに、いくつかのパート(出題形式)で構成されています。
Listening、Reading のみ、Listening、Speaking のみの2技能版タイプもあります。
難易度はどのように
設定されていますか。
「GTEC」にはレベル別のテストタイプ設定はありません。
コンピューターが受検者の解答状況に合わせて問題を出題し、能力を測定します。
自宅での「GTEC」の受検には何が必要ですか。
事前に準備すべきものはあるでしょうか。
WindowsのPC、安定したインターネット回線に接続できる環境、受検のために必要な団体コード、ID、パスワードです。
スコアはいつ確認できますか。
Listening、Reading は受検直後から確認が可能です。
Writing、Speaking は受検完了後、10日でスコアが出ます。
「GTEC」は何点満点なのですか。
「GTEC」では技能ごとにスコアが出ます。
1技能それぞれ250点満点、4技能では1000点満点です。
「GTEC」の受検は24時間、365日いつでも可能ですか。
原則は可能です。
しかし、システムメンテナンス等により受検できないこともございます。
その際は「GTEC」ホームページでご案内いたします。
また受検者向け窓口は月曜から土曜日の9:00~12:00、13:00~17:30の対応となっています。
初めての受検や操作方法等に不安がある場合は、窓口対応時間内の受検を推奨いたします。

動作環境

「GTEC」Business の推奨環境です。これらの環境をご準備のうえご受検ください。

受検者の環境

対応OS Windows 7/8.1/10 
※Windows8は対応していません
ブラウザ Internet Explorer 11以上 
※Microsoft Edgeその他ブラウザは対応していません
必要なアプリケーション等 .NET Framework 4.6以上 Windows Media Player 12以上
CPU 2コア以上の32/64bitプロセッサ
メモリ 2GB以上
解像度 XGA(1024×768)以上

管理者機能利用時の環境

対応OS Windows 7/8.1/10 
※Windows8は対応していません
ブラウザ Internet Explorer 11以上 
※Microsoft Edgeその他ブラウザは対応していません
CPU 2コア以上の32/64bitプロセッサ
メモリ 2GB以上
解像度 XGA(1024×768)以上

Global Test of English Communication

ビジネス
最短速度世界