継続的に英語力の伸びを測定できる
スコア型英語4技能検定

GTEC 団体管理者用特設ページ

企業、大学内のコンピュータでGTECを受検する場合、事前にGTECの試験アプリを準備しておく必要があります。
このページでは、GTEC試験アプリの準備に必要な情報をまとめております。
コンピュータにGTEC試験アプリをインストールして受検する場合とGTEC試験アプリのファイルをコピーして受検する場合で必要な準備が異なりますので、セキュリティポリシーにあった方法を選択してください。

【大学担当者の皆様】
学生が自宅で受検をする場合は、「GTEC大学生向け特設ページ」をご案内ください。

GTEC試験アプリをインストールして受検する

企業、団体内のコンピュータにGTEC試験アプリをインストールして受検する場合、右のボタンから最新版のGTEC試験アプリのインストーラをダウンロードしてください。


インストーラのダウンロード手順はコチラから確認してください。



最新版のインストール手順と起動手順はこちらで確認してください。
※過去バージョンがインストールされている場合、アンインストールをしてから最新版をインストールすることを推奨します。


過去のバージョンのGTEC試験アプリをアンインストールする手順はこちらで確認してください。

GTEC試験アプリのファイルコピーで受検する


GTEC試験アプリをインストールせず、実行ファイルを任意の場所にコピーして受検する場合、最新版のZIP(圧縮ファイル)形式にしたデータをダウンロードしてください。


ZIPファイルのダウンロード手順はこちらで確認してください。



ZIPファイルの展開と試験アプリの起動手順はこちらで確認してください。
※ZIPファイルは圧縮されているデータのため展開する必要があります。



GTEC試験アプリのファイルを削除する手順はこちらで確認してください。
※過去のGTECの試験アプリのファイルを削除してから最新版のファイルを利用することを推奨します。


デモ受検(練習モード)の実施方法

試験アプリの起動確認と操作の練習が可能です。
練習用デモ版の起動方法は右ボタンからマニュアル(PDF)をダウンロードして確認してください。

よくある質問とその回答

試験アプリの「端末チェック」でエラーが表示される場合の原因と対処は以下の通りです。

Proxyサーバに必要な設定情報は以下の通りです。
※Proxyサーバを利用されている環境でGTECのサーバへ接続ができない場合、Proxyサーバに登録が必要な情報を確認してください。

その他疑問がある場合には、まず右ボタンからFAQをご確認ください。

PAGE TOP