We are Worldwide Parents.

会員の保護者のかたが語る!
本音トーク

本音トーク一覧へ戻る

芹江さん親子

お子さんのお名前

さらちゃん 3歳1か月(そうくん4か月)

使用開始年齢

0歳3か月の時

パパの職業

30歳 金融系

ママの職業

29歳 公務員(現在育児休業中)

お住まい

東京都荒川区

妊娠中から英語教材を探す
サンプルCDが気に入り受講開始

子どもが生まれたら赤ちゃんの頃から自宅で英語をたくさん聞かせたいと思っていました。4歳までアメリカに住んでいた主人から、小さい頃から英語を聴いていると耳が鍛えられ、日本人が聞き取りづらい音もヒアリングできるようになると聞かされていたからです。また、小学校でも英語を教科として学ぶようになると知り、早いうちから英語を好きになって欲しいと思いました。

妊娠中から英語教材の資料請求をし始めたのですが、WKのお試し教材についていたCDを聴いて、とても気に入りました。“Under the Spreading Chestnut Tree.”(大きな栗の木の下で)がアロハ調にアレンジされ、とてもおしゃれな音楽だったんです。英語教材としてではなく、自宅でBGMとして流すだけでも良いなと思えるものでした。そして、CD以外のDVDや玩具などの教材もが子どもの発達に合わせて設計されているのが良いなと思い、受講を決めました。

『Little Yoga』の絵本が気に入り
一緒に体を動かしながら遊ぶ

娘は1歳になって日本語を話し始めるのとほぼ同時くらいに、英単語を話し始めました。娘が最初に覚えたのはフルーツの名前です。教材に木製の果物の玩具があるのですが、それを見ながらネイティブ並みの発音で“Apple”“Banana”と言うようになったのです。

娘が特に気に入っている教材は、絵本です。WKで届く絵本は、読むだけでなく、スキンシップしたり、体を動かしたりしながら楽しめる内容なのがとても面白いようです。彼女が一番好きなのは『Little Yoga』という絵本で、絵本に書かれているヨガのポーズを親子でチャレンジしています。ポーズは動物の動きの真似なので、動物名や動作の動詞も自然に覚えられるんです。WKの教材は、子どもが自ら遊びから英語を吸収し、自然に使いこなせるようになるのが良いところだと思います。

2歳半を過ぎたころから、ワークショップにも参加するようになりました。まだ幼稚園にも通っていなかったので、他のお友達や外国人の先生を前にして、英語を話すことができるのかなと親の方がドキドキしましたが、外国人の先生は、一人ひとりが楽しく英語を使えるように盛り上げてくれました。自分の名前や好きな色、好きな食べ物なども英語で答えることができました。その経験がとても楽しかったようで、自分から「次も行きたい!」と言うようになりました。

「フォニックス学習が充実しているよ」と
ママ友にも進めています。

自宅に遊びに来たママ友に、よくWKの玩具を褒められます。「英語の教材だよ」と言うと、皆さん「オシャレで素敵な教材」と言ってくれるんです。周囲には英語教材に興味を持っている方が多く、効果やメリットを聞かれたことがあります。私がWKを使ってよかったなと思うのは、フォニックス学習が充実しているため、英語独特の発音も聞き分けられるようになり、娘の発音がとてもキレイなことです。フォニックスをお子さまに楽しく学ばせたい方にはぜひおすすめしたいですね。

本音トーク一覧へ戻る