We are Worldwide Parents.

会員の保護者のかたが語る!
本音トーク

本音トーク一覧へ戻る

永田さん親子

お子さんのお名前

じゅんくん 4歳6か月

使用開始年齢

1歳7か月の時

パパの職業

30歳 製造業

ママの職業

31歳 主婦

お住まい

愛知県名古屋市

一番重視したのは、
子どもが楽しく続けられそうか

将来子どもの役に立つといいな、という軽い気持ちで英語学習を検討しましたが、どうせやるなら…と思って教材を調べていくうちにWKにたどり着きました。一番重視したことは、子どもが楽しく続けてくれるかどうか。「おうちで英語たいけん」をした際にそれが確信できたことと、ベネッセなら子どもの成長にあった英語教育ができると思い入会を決めました。

幼児期の通信教育は親がどれだけつき合えるかも重要だと思うのですが、WKは親子で一緒に使うシーンが想像でき、私も楽しんでやれそうだと思いました。

ひらがなより先に
アルファベットが書けるように

受講開始から2、3か月で“Apple”や“Orange”などの単語が自然に出てくるようになりました。外では飛行機を“Airplane”、緑を“Green”と言い、身近な基本単語はほとんど覚えているようです。また、息子はDVDを見ながらキャラクターのセリフを真似するのが好きで、ストーリーを丸ごと覚えています。車の中でもよくDVDを流しているのですが、今はなるべく英語にふれていてほしくて、WKしか流していません。

4歳になると、ひらがなを書くよりも先にアルファベットが書けるようになりました。自分の名前も英語で書くので、これには他のお母さんもビックリしていましたね。特に教えてはいないので、自然と身についたのだと思います。英語のほうが身近になったおかげで、「文字」というと英語が出てきてしまったのかもしれません。

練習しなくても
ネイティブの質問に答えられるように

最近は、私も一緒になってワークショップでやる歌を練習しています。Stage4の“Ten Fat Sausages”や“I’m a Little Teapot”は、壁に歌詞を貼って覚えるようにしています。自分があまりわかっていないと教材を活用しきれていない感じがするので、曲の意味も理解して、息子に「こういう歌なのよ」と説明するようにしています。

ワークショップに参加した際には、“Which bug do you like?”(どの昆虫が好き?)という質問にもしっかり答えられていました。練習したわけではないのに、身についているようです。英語でやり取りしている姿を見ると、とても嬉しいですね。

息子は今、海外に興味を持っているようで「今こっちは朝だから外国は夜だね」とか、電車で英語を聞くと「外国の人も来るのかな」と気にしています。息子の世界が少しずつ広がっているようでよかったなと思います。

本音トーク一覧へ戻る