We are Worldwide Parents.

会員の保護者のかたが語る!
本音トーク

本音トーク一覧へ戻る

青山さん親子

お子さんのお名前

そうちゃん 2歳10か月

使用開始年齢

2歳3か月の時

パパの職業

38歳 運輸業(鉄道)

ママの職業

37歳 研究所勤務

お住まい

神奈川県横浜市

WKを始めたのはカタコトしか話せない
息子の言葉がきっかけでした

私は外資系の会社に勤務していたことがあり、外国の方もいらっしゃったのですが、うまく、コミュニケーションがとれるほどは英語が話せませんでした。もっと話せたらいろいろな方と知り合えて、世界が広がるのになあと思っていたので、子どもにはいろいろな可能性を与えたいと思い、英語教材を探していたんです。

資料請求して取り寄せたWKのパンフレットの「Food & Clothing」を見て、2歳になったばかりの息子が言葉もカタコトなのに「これ、やりたい」と言ったのです。それまで、おもちゃがほしいと言ったこともなかったので、本当に驚きました。

そうは言っても、高価なものですので、すぐ購入するのは迷っていたところ、家に来てくれて説明してくださる「おうちで英語体験」を知って、申し込んだところすぐに来ていただいたのですが、息子が本当に楽しそうにしていて・・・。スタッフのかたも、とても丁寧に説明してくださいましたし、玩具がとてもおしゃれなところにもひかれました。それから絵本がとてもいいと思いましたね。サンプルでいただいた「BROOM ZOOM CHOO WOO」はDVDとも連動していて音がとても面白かったらしく何度も見ていました。こんなに楽しく見るのならと、主人も賛成してくれたので受講を決めました。

始めて間もないのに
英単語を使ってびっくり!

WKが英語だけの教材ではないと思ったのは、DVDで海外の方がピザを作るシーンを見たときです。DVDで見た海外の文化に触発されたのか、息子が「作ってみたい」というので、一緒に作ったところ、DVDに出ていた英単語をSpin! Spin! Mix! Mix!と早速使っていて驚きました。また、Naef Spielで主人と遊ぶのも大好きで、主人と息子のコミュニケーションにWKが大活躍です。受講してよかったと思いました。

Stage3で工作遊びができる絵本があるのですが、そこで、名前のシールを使って家族の名前を貼ったカバンを作ったことがあったんです。それから何日かたったあとに、家具のパンフレットからアルファベットをみつけて「エー」「ビー」「そうまのマ」って言った時は、もう、本当に驚いてしまって…。たぶん、カバンのことを覚えていたのだと思うのですが、こんなに自然に言葉にできるとは思っていませんでした。

また、保育園でゾウの絵をみて「エレファント」と言っていると先生に教えていただいた時もびっくりしましたね。日常の会話で英語を使っているのだと知り、うれしかったです。
注:Stage3で工作遊びができる絵本(「Little Artist’s Book」)がある

ワークショップのカードが
息子の宝物

DVDと絵本は毎日みるのですが、最近はアプリも楽しんでいます。パズルができると喜ぶので使わせていたら、いつの間にか1人でもできるようになっていました。

まだ、WKを初めて半年ですが、ワークショップも4回いきました。先生も息子の名前を憶えてくださっていて、声をかけてくださったことがうれしかったらしく、毎回とても楽しみにしています。お友だちと交換したカードは宝物のようで、台紙に貼ってよく眺めています。ほかにも動物の名前を当てるクイズなど、子どもが楽しいと思うことがたくさんあるので、ワークショップもよくできているなあと思っています。このまま、英語を楽しみながら学んでいけて、息子の案内で一緒に海外旅行を楽しめたらいいですね。

本音トーク一覧へ戻る