付属学習教材

付属学習教材 スキルUPワーク

自分のCEFR-Jレベルに合わせて、効果的に英語力を伸ばせる付属学習教材を受検者全員にお届けします。

基本的な英語スキルを伸ばす「スキルトレーニング」と、「GTEC」同様の問題形式で演習ができる「スキルプラクティス」で構成されています。
※Core/Basic/Advancedタイプ受検者のみ

スキルUPワーク

3つの特長

1

4技能・CEFR-Jレベル別

  • 「GTEC」スコアに応じたCEFR-Jレベル別に学習ページが展開されています。
  • 4技能について、自分の力に合った学習ページに取り組むことができます。

2

効果的に英語力を伸ばす設計

  • 「英語の文章を読んで、その内容を要約して書く」など、複数の技能を組み合わせたワークが掲載されています。
  • さまざまな技能を合わせたワークを行うことで、実際に英語が使えるようになるよう工夫されています。

3

音声活動でレベルUP

  • 「区切り」や「速度」の異なる3種類の音声で段階的に学習を進めることができるコンテンツをご用意しています。

※教材の音源は、WEB上に搭載されます。CDは先生用のみのお届けとなります。

Webサイトを使った
学習コンテンツ

fukidashi

PDFを搭載しているので授業でもご活用いただけます。

スピーキング

  • ・「GTEC」本番出題形式にパート別に取り組めます。
     (パートBは2問、他パートは1問ずつ)
  • ・自分の声を録音し、再生できます。
  • ・解答例を音声で確認できる解説。

ライティング

AI添削機能搭載

スキルプラクティスの問題を題材に、動画解説を見てポイントを理解し、
実際にWeb上にテキスト入力しながら、答案作成のプロセスを学べます。

<解答の作り方を学ぶ3ステップ>

  • 学習者のつまづき箇所を中心に解説した動画解説
  • ワークで実際に解答プロセスを体感
  • 新問題に挑戦して、学習した内容の定着をチェック

取り組み方 一例

個人成績票(SCORE REPORT)で示されたページに取り組むことで
CEFR-Jレベルに応じた効果的な学習が実現。

スキルトレーニング

技能別に英語スキルを伸ばすことができます。

スキルプラクティス

「GTEC」と同形式の問題演習ができます。

※ここで紹介している紙面はすべてサンプルです。

よくあるご質問

「GTEC」では小学生から社会人まで
使える英語力継続的測定できます。

目的・対象年齢によりお選び下さい。
それぞれのテストの違いについては、
こちらをご確認ください。
テストの種類