Benesse 「よく生きる」

学校教育に必要な
プログラムを提供する
学習支援ソフト

全国の小中学校の子どもたちの学びを支援するオールインワンのタブレット学習用ソフト

学校カンパニー フロントサービス開発部
小中サービス開発マネジメント課

梅村善則

Yoshinori Umemura

学校カンパニー フロントサービス開発部
小中サービス開発マネジメント課

梅村善則

Yoshinori Umemura

ベネッセは早くから学校現場におけるICT導入に取り組んでいる。タブレットで利用する学習支援ソフト「ミライシード」の提供もその一つだ。しかし社会情勢の変化による急速な普及増加は、時に想定外のトラブルも呼び込んでしまうこともある。2021年12月に第39回IT賞(顧客・事業機能領域)を受賞した「ミライシード」を、システム面から支える梅村善則に、障害解決の顛末や今後の課題を聞いた。

Mission

全国の子どもが手にして学ぶ「ミライシード」を、システム技術で支える

現在の業務内容、その目的、ご自身の役割を教えてください。

現在は「ミライシード」の技術担当をしています。ミライシードというのは全国の小中学校の子どもたちの学びを支援するオールインワンのタブレット学習用ソフトです。
2014年から提供を開始しているサービスですが、2020年以降、コロナによる休校やGIGAスクール構想(※)の前倒しなどから急激にアクセス数が伸び、サーバーの高負荷を引き起こすようになりました。その安定化のために、入社直後から奮闘することになりました。安定化についてはさらなる向上を目指していますが、今後は開発スピードを劇的に高速化するための新アーキテクチャ構築も目論んでいます。

※GIGAスクール構想…全国の児童・生徒1人に一台のコンピュータと高速ネットワークを整備する文部科学省の取り組み。

これまでのキャリアと、現在の業務への想いについて、お聞かせください。

私は2020年にベネッセに入社しまして、現在入社2年ほどになります。前職では新卒でSIerに入社し、製造業を顧客とする部門で10年以上、SE、PMとして働いてきました。
40歳を前にして新たなチャレンジをしたかったのと、自分の子どもに影響を与えるような仕事がしたいという思いもあり、ベネッセに転職を決めました。
ミライシードを担当することになったのは、入社のタイミングもあると思いますが、自身の子どもが小学生ということもあり、まさにやりたかったことができていると感じています。サービスの質をさらに改善、向上させていくことで、遠くない将来、自分の子どもがミライシードで学ぶ日がくるかもしれないと楽しみにしています。

Solution

子どもたちの授業に影響が出る障害発生。
強い決意と堅実な原因追求で解決し、品質向上へつなげる

ご自身が「ミライシード」の担当となった時の課題はどういうものでしたか?

ミライシードには、ASP版とオンプレミス版の2つがあるのですが、このオンプレ版の性能が出ないことが課題としてありました。
2つの大きな違いはサーバーです。ASP版とは、クラウド上にサーバーが存在し、全国どこからでも使っていただける提供形態。オンプレ版はサーバーをお客さまに納品して、学校内や自治体内のみで使っていただく提供形態です。それぞれ利点がありますが、オンプレ版はお客さまの要望にあわせてカスタマイズできたり、セキュリティの面で有利です。
ところがオンプレ版で納品したサーバーが想定性能を出せず、子どもたちの授業を止めてしまう事態が2つの自治体で発生してしまったんです。お客さまからは厳しい言葉もいただきましたが、絶対に解決するという強い意志のもと取り組みました。

課題解決のために具体的にはどうした対応をされたのでしょうか?

オンプレ版ではサーバーはお客さまの元にありますから、何も分からない状態からのスタートです。方針としては、基本に忠実に徹底的な見える化から着手しました。サーバー監視サービスを導入し、見えることからファクトの確認。ファクトから仮説を立てて検証し、違っていたら別の仮説を立てて検証、その繰り返しです。
具体的には、サーバー内のアーキテクチャや設定値を列挙していって、そこからいくつかの原因を推測して仮説を立て、別環境でも同じことが再現されるかを確認。原因が特定されたら、今度は解決のための手立てを見つけて再検証。という地道な作業の繰り返しになります。2つの自治体では、それぞれ別の事象が発生していたのですが、なんとかどちらも無事解決できました。もちろんこうして得た知見は他のオンプレ版にも共有し、オンプレ版全体の安定化につなげています。

今回の梅村さんの対応はどのような変革や改善につながったと思われますか?

今回お話ししたのはトラブル対処事例なので、そのこと自体はマイナスを挽回したものですが、得られた知見を横展開したことでミライシードのサービス全体の安定化にもつながっていると思います。ミライシードは2021年12月に第39回IT賞(顧客・事業機能領域)を受賞しましたが、サービス開始からずっと続けられてきたであろう、こうした地道な改善も評価の一部を支えているのかなと思います。個人的には、厳しい言葉をいただいていたお客さまから感謝の言葉をいただいたことがうれしかったですね。

ミライシード第39回IT賞(顧客・事業機能領域)受賞
https://blog.benesse.ne.jp/bh/ja/news/manage
ment/2021/12/02_5654.html

Foresight

エンジニアが活躍できる環境を整え仲間を増やすことで
ベネッセのDXを加速させたい

今後の仕事におけるチャレンジを教えてください。

サービスではなく全体的な話ですが、ベネッセにはエンジニアがまだまだ不足していると思っています。教育の会社だけあって、スキルアップのためのコンテンツは充実しているのですが、DX能力を向上させていくなら、エンジニアの質だけでなく数も必要です。ですからベネッセでエンジニアが活躍できる環境を整えて仲間を増やしていく、そのお手伝いもしていきたいですね。ベネッセのサービスのシステムをすべての面で支えることができる仲間たちをつくることで、ベネッセのDXはさらに加速していくと思っています。

今回の事例を推進する中で、企業理念「よく生きる」を実践できたことはありますか?

自分自身の「よく生きる」についてですが、今回のオンプレ版の性能対応では、アプリケーションから、ミドルウェア、ハードウェアまで幅広い知識を求められ、なんとか必死に勉強して解決までたどり着けました。この経験を通して、知らないことを知る、学びを広げることの大切さと、スキルアップし成長を実感することの楽しさを改めて実感しました。
前職ではアプリケーションSEがメインでしたが、ベネッセに入ってからはシステム全体を扱っています。そもそもメインという風に自分の領域を狭めてしまう必要もないんですよね。そうした意味で、いま「よく生きる」を実践・実感できていると思っています。

GIGAスクール構想に対応した学習支援ソフト「ミライシード」

現在、全国の小中学校ではタブレットを用いた学習が急速に導入されていますが、こうした学校教育に必要なプログラムをオールインワンで提供する学習支援ソフトが「ミライシード」です。さまざまな学習場面に対応し、ドリル学習や授業での意見共有などの活用ができるだけでなく、これまで困難だった子ども一人ひとりの理解度に応じた最適な問題の提供や、学習効果の可視化といったニーズにも対応しています。

特長
1.全国7,886の小中学校約312万人以上*の生徒に提供

ベネッセは、学校現場におけるICT導入に早期から注力をしており、学習支援ソフト「ミライシード」を2014年より提供を開始しています。教育現場からのフィードバックや社会情勢の変化に伴いプログラムの改善や新規開発に継続的に取り組んでおり、現在、全国 7,886 の小中学校約 312 万人以上*の生徒に活用いただき、多くの学校や先生・生徒に支持をいただいています。
*2021年11月時点

2. 学校教育に必要なプログラムをオールインワンで提供
ミライシードは、協働学習・一斉学習・個別学習それぞれの学習場面に対応したタブレット学習用オールインワンソフトです。ドリル学習や授業での意見共有などの活用に加えて、生徒一人ひとりのデータの蓄積から効果検証までの一連の流れをサポートしています。
また、2020年度より小学校5・6年生の外国語の教科化が始まり、学校現場での英語指導の充実に向けて、「ミライシード」ブランドからクラス一斉の英語パフォーマンステストを実施できる「スピーキングクエスト」ならびに習熟度別英語トレーニング教材「<Challenge English> for school」を開発しました。

3. 学校現場のデジタル活用を支援する「ICTサポート」
学校教育におけるICT導入から運用のサポートをする支援員を派遣する「ICTサポート」を2001年より実施しています。全国に約900名のICTサポーターが在籍しており、日々変化する教育現場を、テクノロジーと”人”でサポートしています。
詳細:https://www.teacher.ne.jp/miraiseed/

その他のDX事例