入会申込

元教材編集者&2児のママが
「Phonics DVD」
を実際に使ってみた!

リポート

「Phonics DVD」(映像教材)は、Worldwide Kidsのフォニックス学習に特化した映像教材だそうです。以下のように特徴紹介されていますが、実際は?教材を使った感想をレポートしたいと思います。

Phonics DVD(2枚)の
特徴

  • ● 英語の音と文字に着目しながら、たっぷりとインプットができる
  • ● フォニックスの様々なルールを視覚的にわかりやすく紹介
  • ● 実際に真似したくなる歌やダンスで文字の形と音を体感できる
  • ● 何度も見たくなるバラエティ豊かなコンテンツ
  • ● 絵本・パズル・ポスターとの連動で活用をサポート

実際に教材を使ってみました!

Phonics DVDは全2枚

<コンテンツ量>は1が約40分、2が約30分
1の方は、他のWorldwide KidsのDVDよりも長めです。

コーナーも1が28チャプター、2が19チャプターとたっぷりですね。

さっそく視聴してみました!

おなじみ「♪ABC Song」の
Phonics Versionがスゴイ!

DVD1のトップコーナーは、「♪ABC Song」のフォニックスバージョン♪
まず通常の「ABC Song」が2回歌われた後、フォニックスの発音での替え歌が流れます。フォニックスの発音でのABCソングって初めて聞きました~。これは斬新!

「エイ、ビー、シー、ディー~♪」と通常のアルファベットで歌った後に、同じ文字を表示しながら「ア、ブ、クッ、ドゥ~♪」と歌われるので「同じ文字なのに音が違うこと」が目と耳で伝わってきます。

この歌、2回聞いただけなのに、その後一日頭でぐるぐるリピートしてしまいました(笑)「ア、ブ、クッ、ドゥ~♪」で完璧に歌えるようにマスターしたくなりますよ!

文字×音!音!音!のシャワーがたっぷり!

フォニックスDVDという名前のとおり、DVDのコンテンツ全体を通して楽しい音が満載!アルファベットの文字と音にたっぷりふれられます♪

☆コンテンツの一例をご紹介☆


Letters and Sounds

アルファベット26文字の発音を口の動きを見せながらリズミカルに発語します。音の真似っこにぴったり。お姉さんとMimiもかわいいですよ♪
※DVD2にはスピードが速くなるFaster Versionも収録されています♪

文字がしっかり表示され、それを意識して音にふれられるビジュアルになっているので、耳だけだとなかなか気づけない「文字と音の結びつき」に自然と着目できるのがいいですね。

いろいろなフォニックスの
ルールが登場!

2枚のDVDを通して、「短母音」「一字子音」「Rhyme」「マジックe」「サイトワード」など、フォニックスの様々なルールが登場します♪

☆各テーマのコンテンツ例をご紹介☆


短母音

「a, e, i, o, u」の各文字のカエルが、自分の母音がついた言葉を集めっこ♪動きや音がコミカルで楽しいです♪


一字子音

キャラクターがいろいろな子音を飲み込んでその文字に変身!このキャラクターくん、何度も登場するので繰り返し見ているうちに覚えられそう。


Rhyme

親グマがRhymeの紙芝居を見せていきます♪後ろ姿の子グマのきょうだい(?)たちの反応がとってもかわいいです♪


マジックe

おばけの「e」がやってきていろいろな言葉を変身させてしまいます。言葉と音の変化を目と耳で楽しめます♪

文字の結びつきで音が変わる法則なども、映像で動きが伴うと理屈でなく理解できるのがいいですよね。


サイトワード

I, You/Yes, No/in, out/up, downが取り上げられています。

どれもお勉強っぽくなく、楽しいやりとりを見ながら自然と法則に気づける展開です。何より遊びとして楽しめるので、小さな子どもにぴったりの内容だと思います!

子どもの興味をひきつける
楽しいやりとりが満載!

どんなにいいコンテンツでも、子どもが見てくれなくてはインプット効果も高まらないですよね。その点も、子どもが見たくなる楽しい歌やダンス、アニメ―ションがたっぷりで子どもが喜びそう♪(かつ、大人も面白い♪)と思える内容になっています。

(一例)一字子音のコーナー

いろいろな文字を集める遊びもさまざまな設定になっていて、よく考えられているなあ、と感心するほど。キャラクターたちもいい味を出しています(笑)


(一例)似ている発音に着目するコーナー

ルーレット遊びやストーリー展開など、多彩な演出で楽しませてくれます♪


(一例)フォニックスダンス

アルファベットの字形を身体で表現しながら、「音」とつなげるダンス♪家族で真似っこしたら盛り上がりそう♪

30~40分は小さな子どもにとっては長めですが、1つひとつの内容が2~3分程度ととても短く、アニメーションやマペットを使った映像など演出もいろいろなので飽きなさそうです。

ただ、じっと見ているだけだと次第に単調に感じてしまう子もいそうです。できるだけ親子で一緒に声を出したり、ダンスや口の動きを真似っこしながらアクティブに見ると楽しさがぐっと高まると思います。
真似する間合いも考えられているようで、音をリピートしながらの視聴もしやすいですので、ぜひ一緒に発語しながらインプット効果を高められるといいですね♪



教材連動コーナーで
他教材の活用サポートも!

Phonics Talking Book(絵本)、Phonics Talking Puzzles(パズル)の内容も入っていて、映像を見ることで各教材がぐっと使いやすくなりそうです。

おススメは、まずDVD!それから各教材への遊びへ誘導してあげましょう。親も内容のイメージがわいて、それぞれの教材が使いやすくなりますよ。活用効果もより高まると思います。

<感想まとめ>
Phonics DVD のここがスゴイ!

  • ● 個々のアルファベットの「音」にたっぷりふれて、音と文字の理解を深められる
  • ● フォニックスのルールが視覚的に楽しくインプットできる
  • ● 好きな歌やダンス、リズミカルな演出やユニークなキャラクターなど、子どもが楽しめる要素が満載!
  • ● 教材連動コーナーをきっかけにして、他教材の活用を誘いやすい
前のページへ戻る